03 夢葬



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=Imaginary Sunday -TABLETALK ROLE PLAY IN TOHO 15-
|circle=天秤亭
|vocal=朱南レイ
|lyric=ららい
|arrange=Jon Rick Emerson
|original=霊知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion;少女幻葬 ~ Necro-Fantasy
帰り道でみつけた狐のぬいぐるみ
拾いあげて郵便ポストの上に置いた
(からす)がくわえて夕焼けに消えていった
重くなる足取りに靴紐(くつひも)が絡まる

Wednesday 同じ夢をみるようになった

天気雨 獣道通り抜けた先にあった焼却炉
嫌なこと頭から取り出して投げて燃やした

カーテンの裏が朝の光で溢れた
(つか)の間の静寂を破るアラーム音
(まぶた)をひらいてもまだ消えない炎で
胸に渦巻いていた霧が溶けていった

Wednesday いつもよりも早く眠る夜

天気雨 獣道通り抜けた先にあった焼却炉
嫌なこと頭から取り出して投げて燃やした

好きなこと以外は夢に葬るんだ

天気雨 獣道通り抜けた先にあった焼却炉
嫌なこと頭から取り出して投げて
燃やしてくれたふたつの影
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。