04 遥か遠い空の声



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=幻想ホモ・ルーデンス
|circle=豚乙女
|vocal=ランコ
|lyric=コンプ
|original=無間の鐘 ~ Infinite Nightmare
遥か遠い空 何か聞こえてきた
『こっちにおいでよ』 聞こえなくもないけど
耳を澄ましてみた 誰かが呼んでいた
聞いたことない 透明な声だった

黒も白も裏腹 ぐちゃぐちゃな世界で
何か信じたいならいっそこの指に止まれ

『確かなもの』なんてないけど(闇の中で)
少しでも真実を見たいから
一瞬の『今』を切り取るだけ(儚くても)
喜びも 悲しみも 真実を

いつか遠い空 紙に書きなぐった
蒼き記憶の なんてことないこと
きっと始まりは そんな些細なこと
伝えたいこと たくさんあるから

晴れのち曇りのち雨みたいな世界で
道化も良し それならいっそ世界中まわせ

『失くしたもの』なんてないけど(季節の中で)
少しずつ記憶から消えていく
だからこそ残していくフォトグラフ(色あせない)
優しさも 切なさも いつまでも

何が○で何が×って 誰がどこでどうやって決めるの?
風見鶏は風まかせ

遠くで聞こえる声 いつまでもこのままで居たいから

『確かなもの』なんてないけど(闇の中で)
少しでも真実を見たいから
一瞬の『今』を切り取るだけ(儚くても)
喜びも 悲しみも 真実を
優しさも 切なさも いつまでも
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。