05 NeGa > PoSi*ラブ > コール

NeGa/PoSi*ラブ/コール


アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:ハルトマンの妖怪少女
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


心を閉ざしたあの日
書き換わったは脆弱なパラダイム
決定的な破綻

そして
思いが相反する
行いとのギャップを孕みながら

それでも私は今もアイを乞い続ける!
恋物語(ごみくず)のような。

瞳を閉ざしたあの日
崩れ去ったは卑小なアイデンティティ
ベクトルさえも歪む

私に残されたのは
ただ「アイ」と呼ぶに任すこの思い

遂には
止めることなど叶わない衝動
ただこの身を任せるままに

さぁ、
いま、この手で
最高(さいてい)の「ラブ・コール」を!


アイをください
もっと揺り動かしたい
あなたの心をどんな言葉より強く
ゆさぶって

アイがわからない
きっとこんな気持ちなのかと

もう、
強く、強く、強く、強く、、強く!
妄想(おもい)だけが先走る

ネガでポジ ポジがネガ
ポジ ネガ


もはやその意味も知らぬまま語る
孤独と自由のモノローグ

自らの狂気も知らぬまま
歪にゆがんだパラノイア

振り切れたことさえ理解できぬ
まるで意味のないポリグラフ

求め続けるアイを知らぬは、
精神倒錯者(きらわれもの)のフィロソフィア


恋物語(ごみくず)のような恋がしたい

恋愛小説(ぼろくず)のような恋がしたい

多幸感(がらくた)まみれの恋がしたい


瞳を閉ざしたあの日
失ったは姉の笑顔の意味
感じる術は何処へ

そして
帯びる憂いの色
昏く拉げたサブタレイニアン・ローズ

それなら
強く溢れる感情の残滓を
わずかにでも感じられるよう

加速する勢い(きょうき)はもう
止められない!


アイをあげたい
そして一つになりたい
強く感じられる想いこそアイなのだと
信じて

アイを知らない
こんな私だとしても

ああ
どうか、どうか、どうか、どうか、、どうか!
受け止めてこの幻想(おもい)

イドとエゴ エゴもイド
エゴ イド


―さぁ、プレゼントを持って。
ドレスに身を包んで。
きっと見せてくれるよね。
記憶の奥底の懐かしい笑顔を、ねぇ。
笑ってよ、ねぇ
笑ってよ、ねぇ


  って
    よ 、 ね ぇ

           …ねぇ。


アイでありたい
至高(さいあく)の「ラブ・コール」は
幸せのカタチを描く
遥かずっと永遠に

アイにしていたい
私の綺麗な姿を

そう
ずっと、ずっと、ずっと、ずっと、、ずっと!
焼き付けておいてね

アイを刻みたい
きっと地獄の果てまで
いつまでもいつまでも
幸せでありますように

アイは終わらない
笑顔で満たせられるように

ああ、
アイを、アイを、アイを、アイを、、こめて!
一度きりの「ラブ・コール」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。