03 Cruel CRuEL



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon
届く筈もない、遥かな―
この手の、その先に―
見捨てた筈の、故郷(ふるさと)の幻影―
見上げながら、囚われる―
想いを振り切る―

そんな勇気も持ち合わせずに…


(うめ)いて
独り、夜を反芻する
汗ばむ
脳裏を掻き乱す脅迫幻覚(オブセッショナー)

そして
見た悪夢の残滓(ざんし)から
一心不乱に眼を逸らす


波長は
語りかける、容赦なく。
私は
耳を強く塞いだままで

遥かな
届かぬ場所の幻影を
噛み潰そうと悶え、足掻く。


見つめて来るのだ
懐かしい仲間の影が。

顔のない皆は口を揃えて…

怨嗟の声を叩き付ける
“裏切り者が!”と叫び立てる


見捨てた
愚かな
この身を
呪えど


何も変えることは出来ない。

自己が自己を責め立てる様は
苦渋のアンビバレント


届かない
手の先に
もどかしくも安堵する
顔向けなど到底出来はせず

いっそ自分こそを何よりも、
狂わせられればいい…

何も出来はしない、
私を罵る、
月が煌々(こうこう)と。


上辺は
穏やかなこの暮らし
懶惰(レイジネス)
つまりはいわゆる生神停止(マインドストッパー)

そして
言葉に出来ぬ想いを
抱く先から、追い立てられる


逃避の果てに、
目指す夢の中。
そこさえも、
昔の記憶に侵された

ああ、
何をなすべきなのかさえも
わからないまま惑い、苦しむ。


見つめて来るのだ
痛ましい自分の影が。

眼窩(がんか)に暗い(ひかり)を灯して…

怒りの声を解き放つ
【臆病者が!】と喚き散らす


穢れた
憐れな
この身を
嘆けど


何も変えることは出来ない。

幾度も倫理と抗い
それでも(ゆる)されないまま


何処までも
何時までも
この場所で膝を抱え
今が現実と言い聞かせつつ

そうして全てを誤魔化して、
生きてゆくしかない…

何も忘れられぬ、
私を蔑む、
月が爛々(らんらん)と。


曰く、
“許しが欲しいのか?”
曰く、
【救いが欲しいのか?】
曰く、
『よくも、貴様など…』

【“『そのまま罪の意識に(さいな)まれ続けるがいい!』”】


呪えど
嘆けど
怨めど
憎めど


変わらぬ身がただ疎ましく

狂いたいと願いさえすれど、
自分だけは狂わせられぬ

(たかぶ)れど
憂えど
荒ぶれど
(あざわら)えど


結局辿りつく袋小路

耳以上に歪んだ心が
瞳より紅く涙する


“私は狂えるのか?” そんな “残酷な運命(クルールフェイト)”。

―これが定めだ、と。

受けいれたつもりで、
終わり無き問いが、
心、掻き乱す。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。