04 霞舞う月の丘に

霞舞う月の丘に


アルバム:東方蒼天歌
サークル:Silver Forest
Vocal:茶太
原曲:神々が恋した幻想郷

うつろう夢の中に漂う言葉
心が紡ぎ出した異界の記憶
あぁ一陣の風が 艶やかなる宴に誘い込む

茜に染まる夕日が 宵の訪れを奏で
霞舞う幻想を そっと包んでく
重ねた操る赤は 水面に映る紅葉
古の社まで季節を運んだ

遍く(あまねく)時を渡り 永久へと続く
あぁさだめの契りが 断ち切れない運命へ誘う(いざなう)
彼方に見える十六夜 潤んだ欠片はどこへ 
降り注ぐ輝きは闇を隠してる 妖八百万まで
宴の中になごんで 僕達を繋いでる不思議な力で

茜に染まる夕日が 宵の訪れを奏で
霞舞う幻想 そっと包んでく
風音が操る紅は水面も映る紅葉
古の社まで季節を運んだ
幻想の彼方へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。