或る泉に纏わる悲劇的伝説

或る泉に纏わる悲劇的伝説




八月海の上 時が止まる
あの紅茶館にはもう行けないのか

色とりどりの音に染まる町は虹色
区切られた輝きはプリズムのよう

セラギネラ枯らす道 彩やかな雨が降る
その果てに見えたのは何度めの景色

無きは数添うこの世を 哀れみ儚み泡を噛む
吾か人かともわからずに 生まれてきたことさえ呪う

独り叫んでいた 世界の中
色は音になって 透明に輝く
声は空の果てに 届くだろう
きっと心は共にある そう願いながら

流れていく蒸気船 赤い兎を乗せて
巳の時はとうに過ぎた 気付かないまま

明日があると思ってた 心に咲いた仇桜に
夜半の嵐が吹き荒んで 袖を染め抜く朱の涙

やがて天を駆ける 龍になって
何もかも忘れて 今 どこまでも行こう

独り叫んでいた 世界の中
色は音になって 透明に輝く
声は空の果てに 届くだろう
きっと心は共にある そう信じて
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。