03 真っ黒な雪

真っ黒な雪


アルバム:怨言神楽謌
サークル:豚乙女
Vocal:ランコ
原曲:渡る者の途絶えた橋


失くした日、浮かぶ。集められない。
濁る夢、笑う、遠い安らぎ。

「貴方」さえいれば…

ひとりきりでたたずむみじめなわたしにふる、
嘘色、真っ白、雪。
思い出さえ今では朽ち果て消えゆくのに、
闇に映る、影。

失くした陽、行方、未だ知れずに。
探すけど、憐れ、もう戻れない。

増えてゆく「わたし」

妬ましくて、寂しくて、鬼になり鬼にした。
怨みはわたしに降る。
重く沈む白無垢は涙で赤く染まり、
此処に刻まれる。

届けて欲しい、「貴方」に、わたしの愛全てを。
今にも壊れそうで。
雪はもはや真っ黒に、全てを包みこんで。
闇に溶けて、消える。
影は永久に、傍に。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。