05 貴方と私

貴方と私


アルバム:怨言神楽謌
サークル:豚乙女
Vocal:ランコ
原曲:閉ざせし雲の通い路


怪しい雲に淀んだ臭い
燕が低く飛び去って行く

貴方の中へ 貴方の中へ 貴方の中へ
染み込んでゆく
やたらなんだか やたらなんだか
やたら黒い雨

嗚呼 側にいれたら 側に行けたら
守れてるのに
嗚呼 冷たい雨にまた打たれたら
思い出して欲しい
濡れて濡れて愛しい人

行き摩り傘は許してあげる
透き通る肌 安っぽいでしょ

忘れないでね 忘れないでね 忘れないでね
貴方の為に
私といれば 私といれば
貴方幸せよ

嗚呼 側にいれたら 側に行けたら
愛せてるのに
嗚呼 冷たい雨にまた打たれたら
思い出して欲しい
濡れて濡れて愛しい人

嗚呼 側にいれたら 側に行けたら
守れてるのに
嗚呼 冷たい雨にまた打たれたら
思い出して欲しい
濡れて濡れて愛しい人
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。