03 千切れる群青

アルバム:サクラツナギ
サークル:TaNaBaTa
Vocal:あにー
原曲:遠野幻想物語

黒猫が歩く夜に愛の歌を並べて
幻覚に溺れそうな足跡を辿っている

擦れたガラスの破片を集めるような素振りで
千切れそうな群青の景色をずっと見ている
凍えそうな左の手をかざして

ずっと遠くから差し込む光の束に
何も見えないような影があって

せせらぎの音に反射した記憶
吸い込まれて全部音楽に変わる

ねえ、この世界が汚れたとして大切なもの全部なくしても
あの日のこと思い出すことだけはずっと忘れないで、と
ねえ、あの光の向こう側まで着いたらあの人に伝えてほしい
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

少しずつほどけていく言葉を蜜に変えて
すっかり気の抜けきったソーダ水に混ぜ込んだ

擦れたガラスの破片を集めるような素振りで
千切れそうな群青の景色をずっと見ている

ねえ、この世界が汚れたとして大切なもの全部なくしても
あの日のこと思い出すことだけはずっと忘れないで、と
ねえ、あの光の向こう側まで着いたらあの人に伝えてほしい
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

ねえ、少しずつ白んでゆく宇宙のかたちに恋は似ているから
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

ずっと遠くから差し込む光の束に
どこかで見たような影があって
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。