11 キマグレハント

キマグレハント


アルバム:夕詠 SEKIEI
サークル:C-CLAYS
Vocal:小峠 舞
原曲:ほおずきみたいに紅い魂

朝霧の中でうろうろしながら歩き
夜明けを報せる陽 遮る闇

キマグレに点滅を繰り返す黒のランプ
フィラメントが鈍く淡く光る

弱くなりゆく照らす火が
だんだんと薄く雲の影入る

欺き さりげなく飛んで視界塞ぐキミ
魂と紅い樹の実付け周り塞ぐキリいつまでも
見つめてずっと

瞳孔がピクリとひらくことはまたあるの?
目を瞑ると同じ暗さの中

手探りで触れた優しい頬
だんだんとぼやけ夢に落ちていく

哀しき さよならよずっとまた会えるかな?
そう信じて次目を覚ますのは耀うのはソラの下 泣かないで

湿った空気にふと出来る渦に邪魔をして
集中途切らせて知らずに湖へ釣られて行く

さりげなく飛んでまた現れて
魂と紅い樹の実付けのんびりと漂い

いつまでも

キマグレハント
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。