09 ツキヨニサラバ

ツキヨニサラバ


アルバム:天河 -tenga-
サークル:SYNC.ART'S
Vocal:仲村芽衣子
原曲:千年幻想郷 ~ History of the Moon

白く枯れ果てた海
夢に浮かぶのは
水面が映す想い
黒く濁るから?

何を“穢れるもの”と
決めることも無く
幾千の時辿り
この地に降り立つ

この心駆け巡る
罪の記憶だけ
時と共に薄れず…
月は輝いて

時を経て変わらない
満ちて欠ける月なら
背を向けて消えて往く時を…

また振り返るのなら
その形を変えさせ
どこへ誘うのだろう
月夜を想う

穢れ拒む想いが
築く理想の地
今は何を求めて
宇宙に歪み往く

時を重ねる度に
確かなものなど
ぼやけてゆくのか
まだ答えは知らず

いつのまにか傷付く
心の嘆きが
降り積もってゆくなら
月は翳るのか

様々に色を変え
惑わすその光が
絶えることもなくまた照らす…

雲間の輝きさえ
心を奪うのなら
ただ黒く染まりゆく
闇夜を想う

数多の心映し
それを否定するなら
いっそ忘れればいい月を…

時を経て変わらない
満ちて欠ける月なら
背を向けて消えて往く時を…

闇夜照らす光が
ないなら月の光
輝き集め戻す
月夜にさらば
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。