03 もっともおそろしいものについて


3. 極限生命体封獣NuE

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:平安のエイリアン
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


我は α(アルファ) そして Ω(オメガ)
我は 一 そして 全
我は 不定 そして 無限
我は 混迷 そして 恐怖

―すなわち不可説不可説転。
―しかるに、われはわれである。


人ならぬ声に心せよ。
闇の淵には心せよ。
敵を呪わば心せよ。
歪む有象無象(すべて)に心せよ。

“嘘”(ちいさなうそ)“偽”(おおきないつわり)を作り出してゆく。
そうして、かくも恐ろしき
有為転変の果てに、
更なる、歪な“バケモノ”が、生まれゆく。


その叫び声が齎す
人からまた人へと連鎖していく
この感情こそが我が命


及びもつかぬものを、
「虚」をその「口」でなぞるがいい。

その意思のままに、
認識(りかい)のままに、

人よ、
嘘を、
嘘をつけ。

さぁ、更なる嘘を!
「真実の姿」(わたし)から

遠ざかれ。


頭は猿
躯は狸
尾は蛇

手足は虎の如くにて

鳴く声は鵺にぞ似たりける。


頭は虎
躯は猿
尾は狸

手足は蛇の如くにて

喚く声は鵺にぞ似たりける。

頭は人
躯は人
尾は定かならずも
羽は青赤取り取りに

哭く声は鵺にぞ似たりける。


幻想は我が 糧なりて、
幻想は我が 鎧なり。
幻想は我が 朋なりて
幻想は我が 鏡なり。

―すなわち不可逆不可侵性。
―しかるに、われはわれである。


「恐ろしきはその姿」
「悍ましきはその姿」
「忌わしきはその姿」
「汚わしきはその姿」

その僅かな間隙に這いよっては、
その数を増していく。

寄る辺のない、
不安定な心にこそ、
更なる、歪な
“バケモノ”が、
潜むのだ。


果てなく続く探究心。
人からまた人へと相伝していく
その意思(かんじょう)こそが
我が敵
“不明”(わからず)の聖域を
有らぬ思索で穢さぬよう
その意思のままに、
認識(りかい)のままに、
人よ、
沈め、
沈みゆけ。

さぁ、沈んでしまえ!
「真実の姿」(わたし)

見失え。


わが身は
われであって、
わが姿は
われにあらず。

呼ぶ名さえも判らずに、
行き果てたその遙かに、

この身を神と見紛わん。
それは神の名を
冠した幻想


―しかるに、われはわれである。

神をも越えたその次に、
わたしがとる姿は何か。

それはきっと おそろしいのだ
それはきっと 不可解なのだ。

このわたしさえ「恐れさせて」(おびやかして)しまうほど。


その叫び声を生み出す人からまた人へと
伝染していくこの恐怖(かんじょう)こそが我が本質(いのち)
及びもつかぬものへ今も尚、姿を変貌()えていく
その意思のままに、認識(りかい)のままに、人の嘘は果てしなく

…そして

叫び声が、終には、
他ならぬこの身から。わたしの思いもよらぬ
影像(かげ)を纏いながら…

畏れてしまうならば、
この力の拠り所さえ、
喪うのかと、思い至ることさえ、
既に恐ろしい。


ああ、おそろしいのは…


人の心なのだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。