15 嘘のすゝめ


15. 全ての正直者達に捧ぐ

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:少女綺想曲 ~ Dream Battle/空飛ぶ巫女の不思議な毎日
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


ねぇ、どうして、泣いているの?
何が、かなしくて、泣いているの?

嘘を吐かれて、傷つけられて。
しゃくりあげながら、泣いているの?

自分の未来と夢を否定され、
どうしようもなくなったその果てのこと?

ねぇ、私にだって、どうしようもなくて。
泣きたいときだってあったんだよ。

でも、私は自分で決めて、
「泣き虫」はやめたのよ。

きっと、私も、そしてあんたも。
数え切れない嘘の一つ、躓いただけ。

だけど、
何も言わないで。哀しい目を伏せて。
泣かないで、ねぇ。

あんたが泣いていると、私だって、泣きたくなるから。
ねぇ、笑っていてよ。

ねぇ、嘘は、悪いことじゃないのよ。
自分を守るための手段なんだから。

人を幸せにすることだってできる筈だから。
たとえ嘘でも、笑っていてよ。

自分のために、嘘をついて、
生きていこうよ?


自分にとって尊い何かを、傷つけられて生きていくより
その身の限り、力の限り、精一杯抗おうと、

偽りを作り上げ、騙ること。
それを誰が、どうして、貶せるのだろうか。

だから、
何も言わないで。哀しい目を伏せて。
泣かないで、ねぇ。

明日に向かって、また歩いていくために
ねぇ、笑っていてよ。

ねぇ、嘘は、悪いことじゃないのよ。
幸せになるための手段なんだから。

嘘で幸せになることが出来る筈だから。
たとえ嘘でも、笑っていてよ。

明日のために、嘘をついて、
進んでいこうよ?



―わたしは務めを果たしただけなのに。
善きことをしたはずなのに。

―どうして。


あの人たちの視線は、わたしを、畏れていた。
あの人たちの言葉は、わたしを、疎んでいた。

人ならぬモノを見るように。


皆が、
嘘を吐きながら、「真実」を捻じ曲げ、
幸せになるなら。

あんたも、やればいい。
思いっきり、嘘を吐けばいい。

だからもう、泣かないで、泣かないで…


何も言わないで。哀しい目を伏せて。
泣かないで、ねぇ。

あんたが泣いていると、私だって、泣きたくなるから。
ねぇ、笑っていてよ。

わたしたちが歩いていくこの道が、
歪みきってたとしても、進むしかないなら。

嘘にまみれたって、生きていく道を選んでも、
わたしには、それでもいいんだ。


精一杯の、笑顔を、見せてよ。

…嘘でも、いいから。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。