※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A~E


  • Black or White?【シナリオ】
GMは霧河薙。
魔道を学びたいとゼラン魔道塾に集う子ども達が、突如白魔法と黒魔法の陣営に分かれて争いを始めた。その原因を探り争いを収めるために、塾長に雇われた冒険者たちが双方のクラスに潜入する、というもの。
略称「黒白」。
参加PCはミケ、クルム、ナンミン、キファ、セア、ジェノ、ルージュ、フロム。




F~J


  • GM(ゲームマスター)【システム】
シナリオを用意し、アクションを取りまとめてリアクションを執筆し、キャラクターデータを管理し、ゲームを安定して進行する役割を持った人のこと。
リアクションを執筆するだけがGMの仕事ではない。
なお、グランドマスターも略すとGMだがややこしいのでグランドマスターはカタカナで表記することにしている。

  • Happy New Year!!【シナリオ】
GMは霧河薙。
ヴィーダで華々しく行われる新年祭を舞台に、今までこのGMのシナリオに登場したNPCが総出演で、PCも好きなことを好きなようにやって下さい、という、ストーリーの流れのない完全PAで成り立っているシナリオ。人数制限をしない代わりに締め切り厳守、話の流れは全部自分で作って下さいという悪条件にもめげない猛者PCが一堂に集い、PC側NPCや個人設定を出しまくったり他のPCと連携をしたりNPCと絡んだりと、まさにお祭り騒ぎだった。文章量とそれに対応する執筆時間は類に見ない記録をたたき出し、GMの右手を破壊した。
略称「HNY」。
参加PCはミケ、クルム、レティシア、アルディア、リィナ、アッシュ、オルーカ、ジル、コンドル、ケイト。

  • Happy New Year!!2【シナリオ】
GMは霧河薙。
前回で味を占めたGMが、また完全人任せのシナリオを立ち上げ、前回同様NPCと絡み放題、PC側NPC出し放題のお祭り騒ぎを開催した。
アクションに2ヶ月、リアクションに2ヶ月という締切時間が設定され、掲示板でイベントが告知されたりメールで連携のやり取りがなされたりと、前回を踏まえてかなり自由度・自主性の高いアクションが構築された。参加人数は前回と同じ10人であったが、執筆時間・執筆量共に前回の2倍を軽く越し、GMの腕がまた破壊された。
略称「HNY2」。
参加PCはアルディア、オルーカ、ミケ、クルム、ヴィアロ、マジュール、ジル、暮葉、ケイト、リィナ。


  • Hide and Seek!!【シナリオ】
GMは霧河薙。
天界から脱走してきた幻術使いの天使を捕獲するために弟子と共に彼の作った幻術の罠の中へと飛び込んでいく、というもの。
幻術の中の世界はTAと無関係な現代モノやSFなど異色の世界であり、世界観から話のあらすじまで全部PLに考えさせたというほぼPAで成り立っているようなシナリオ。
略称「H&S」。
参加PCはクルム、リィナ、アルディア、ミケ、レティシア、千秋、レナス。

  • Innocent Sin【シナリオ】
GMは霧河薙。
ナノクニの外れにある街ダザイフで、若干14歳にして評議長に就任した少女、セイカ。前評議長である養父のフミタカが不審な死を遂げていることから、フミタカを慕っていたギルドの古参魔道士たちはセイカがフミタカを陥れ殺した魔物ではないかと疑い始める。
セイカの正体を暴くために冒険者を雇い入れることを耳にしたディーシュ教会の少年、アスは、セイカに罪を着せられないようにと秘密裏に冒険者を雇い入れるが…
略称「イノシン」。
参加PCは、ミケ、クルム、ヴォルガ、コンドル、ジル、暮葉、千秋、マシュウ、ファン、流戒。



K~O


  • Minimum Princess【シナリオ】
GMは霧河薙。
マヒンダの女王が行方不明になった。秘密裏に探し出して欲しいと依頼された冒険者。一方マヒンダ市街では、女王に良く似た幼女が誰かを探して彷徨っていた。果たして女王の失踪に隠された秘密とは?
冒険者側と幼女側の2つの参加入り口があったシナリオだが、放棄者が続出したため最後は少し寂しい感じになった。
略称「ミニプリ」
参加PCはヴィアロ、千秋、ケイト、クルム、コンドル、フルボディ、ラグナ、リーシュ、フロム、レイジ、ジュート、シオン。

  • Missionシリーズ
サイト立ち上げ以来初の、複数のGMによる共同作成シナリオシリーズ。
霧河薙、相川和泉、ヨネの3人のGMが、互いのNPCを依頼人にし、自分のNPCをクエストの中心に据える、ある種三つ巴的な構成でシナリオを展開。アクション・リアクションなども互いに細かく相談しあいながら作成していった。互いのNPCを使う際の相談のみならず、互いの話が互いに影響しあっている場面も多いので、是非3作品を読み比べることをお勧めする。

  • Mission:Impossible【シナリオ】
GMは霧河薙。「Missionシリーズ」の一角。
魔具製作者である魔族、ゼルの今度の依頼は、同じく魔具製作者としてギルドで神のように崇められている「天の賢者様」の正体を調べ上げ、次の製作物の設計図を盗んでこいというもの。半ば騙されるような形で依頼を受けることになった冒険者は、少ない手がかりの中から天の賢者の情報を探ろうと悪戦苦闘するが……
ギャグシナリオとして用意したが、PCのアクションでの振る舞いにより若干シリアスに流れるシーンもあった。
略称「M:I」。
参加PCはアッシュ、千秋、リュー、ウェルシュ。

  • Mission:賢者の赤【シナリオ】
GMはヨネ。「Missionシリーズ」の一角。
天の賢者のミシェルに、ガルダス僧院の聖火を借りてきて欲しいとおつかいを頼まれる冒険者。一日とかからず終わるはずだった依頼だが、そうスムーズにいかないのがギャグシナリオの運命であった。
参加者は、ケイト姐さん、コンドル、ジル、翠、ゼータ、ファリナ。

  • NPC(ノンプレイヤーキャラクター)【システム】
シナリオに登場する、PCではないキャラクターのこと。
厳密には、「プレイヤーのいないキャラクター」なので、GMの動かすキャラのことを指すが、本サイトではPCの個人設定内のキャラも出演する事が許可されているので、個人設定内のキャラも「PLがアクションで動かす事が正式に許可されていないキャラ」ということでNPCと呼ばれる。
@ウィキでは、GMの動かすNPCを「シナリオNPC」、PCの個人設定内のNPCを「PC側NPC」として区別している。



P~S

  • PA【システム】【愛称】
プライベートアクションの略称。詳細は「プライベートアクション」を参照のこと。

  • PBeM【システム】
eメールでのやりとりで進むゲーム全体を称して「Play By e-Mail」、略してPBeMと呼んでいる。
eが何故小さいのかというと、もともとPBeMの前身として、郵便での手紙のやり取りで進むゲームを「Play By Mail」、略してPBMと言った(今も存在する)。PBMとやっていることはまったく変わらないが、媒体が電子メールであるということを区別するために小さくeを入れているものと思われる。

  • PC(プレイヤーキャラクター)【システム】
動かすために作られ、シナリオの中で活躍するキャラクターのこと。

  • PL(プレイヤー)【システム】
PCを操っているリアルの人間のことを指す。
「背後」「中の人」などと言われることもある。

  • Sweet Trap【シナリオ】
GMは霧河薙。
ガイアデルト商会の若き理事・ウルをたぶらかす悪女の尻尾を掴んで欲しいという依頼。しかもその悪女の名前は「チャカ」だという。捜査に乗り出した冒険者達だったが、依頼人は冒険者の目の前で転落し、おまけに容疑が冒険者の連れてきた運び屋の女性にかかってしまい…
本格推理を目指して行われた推理シナリオ。PLは精力的に捜査・推理に乗り出し、アクション掲示板のレス数が過去最高を記録した。
略称「甘罠」。
参加PCはクルム、セラ、千秋、ミケ、ベル、ストライク、ファリナ。




T~Z

  • TA【愛称】
本家サイト・TRY AGAINの略称。トラアゲとも呼ばれる。
  • TRY AGAIN【サイト名】
本家サイトのこと。初心者向けPBeMサイトと銘打っているが、何年もやってくるとちょっと不安が生じてくる。