《神隠しの主犯、八雲 紫》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《神隠しの主犯、八雲 紫/Yukari Yakumo,The one behind the spiriting-away》
ネームドモンスター
星10/闇属性/妖怪・幻想族/ATK4000/DEF4000
このカードはルール上「八雲 紫」としても扱う。
このカードを生贄召喚する場合、
自分フィールド上に存在するモンスター三体を生け贄に捧げなければならない。
このカードは「神隠しの主犯、八雲 紫」または「すきま妖怪の式、八雲 藍」の効果以外で特殊召喚する事はできない。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
次の自分のターン終了時までこのカードは表示形式を変更できない。
手札を一枚捨て、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを除外してもよい。この効果によって除外されたターンのエンドフェイズに表側攻撃表示で特殊召喚される。
この効果はスペルスピード3を持つ。

《すきま妖怪の式、八雲 藍》からリクルートが可能な八雲一家リクルートの頂点たるネームドモンスター。
三幻神、三邪神じみた通常召喚条件を持つ。
生贄三体分の価値はあるが、可能な限り《すきま妖怪の式、八雲 藍》の効果で特殊召喚を狙いたい。

《ゴブリンエリート部隊》じみた表示形式制限があるが、その守備力から形式変更されている最中に戦闘破壊されるということはまずない。

手札を一枚捨てることで自らを除外し、あらゆる除去を完全に封殺できる。
スペルスピード3を有し、カウンター罠以外ではレスポンスすらままならない。
《天罰》によって妨害されても再度能力を使用することでこのカードを守ることができる。
手札さえあればまず破壊されないと言っていいだろう。
除去できるすれば《スキルドレイン》影響下での除去だが、表示形式変更制限やドロー効果も無くなる為、除去がないと逆に辛くなるのは間違いない。
また、この効果によってエンドフェイズに戻ってくる時は攻撃表示である為、上記の表示変更制限を回避できる。

そんな無敵の回避能力を持つが、この回避能力を使用したターンに戦闘を仕掛けられることもある。
油断は禁物である。

・表示形式制限は余裕と遊び、除外による除去回避はスキマに隠れる能力或いはボムのダメージ無効の再現、らしい。

・遊戯王のストーリー上で最強と位置づけられている三幻神、そしてその流れを汲んだ三幻魔や三邪神の流れを汲んでいる。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。