《湖上の妖精、チルノ》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《湖上の妖精、チルノ/Cirno,Ice Fairy》
ネームドモンスター
星4/水属性/妖精・幻想族/ATK1900/DEF1500
このカードはルール上「チルノ」としても扱う。
自分スタンバイフェイズ時、相手フィールド上のレベル4以下のモンスター1体にアイスカウンターを乗せてもよい。
手札を1枚捨てることで、フィールド上に存在するアイスカウンターの乗ったカード1枚を選択し破壊することができる。
フィールド上に十枚以上のカードが存在する時、このカードは破壊される。

妖精族が誇るメリットアタッカー。
ネームドモンスターながら下級モンスターにして攻撃力1900という一線のラインを誇り、アイスカウンターを乗せる誘発効果、そして限定的な条件があるものの《スナイプストーカー》じみた起動効果を持つ。
デメリットとしてフィールド上に十枚以上のカードが存在する時に発動する自壊を促す誘発効果が存在するが、十分強力なカードである。

普通ならアイスカウンターの乗っているカードが存在しない為、1ターン待たなければ破壊効果を使うことはできない。
また、アイスカウンターを乗せたカードを生贄にされる等、何らかの手段で処理されてしまうとやはり破壊することができなくなってしまう。
事前にアイスカウンターを乗せるカードを使い、即効果を発動させられるようにすれば確実か。
自身の効果ではモンスターにしかアイスカウンターを乗せることはできないが、アイスカウンターが乗ったカードを破壊する効果はモンスターだけでなく伏せカードにまで及ぶことも注目したい。

無論、そのようなサポートを抜きにしても十分強力なモンスターである。
限られたケースではあるが、もし相手のターンにこのカードが除去されてしまったのならば、二枚目のチルノを出して効果を発動することもできる。

デメリットの自壊効果はチルノの知能の無さの表れだろうか。
どうやら⑨以上の数字を数えようとすると脳がパンクし、破壊されてしまうようだ。
しかしお互いに全体除去を警戒し展開を抑える為、そこまでカードが並ぶ局面は少ないと思われる。
また、《光の闇の竜》の効果を複数回発動させることもできる。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。