※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓国の教科書


ソース:koreok 様 

■1899年『大韓地誌』 (大韓帝国の最初の地理の教科書)


訳)大韓帝国の領域は、北緯33度15分~42度25分。



東経124度30分~130度35分。

竹島(独島)は東経131度52分です。







つまり、「鬱陵島までが韓国の領土」と断言してます!



 ※竹島(独島)は日本領土





1899年は下関条約の4年後、乙巳保護条約の6年前、






韓国が完全に独立していた時期の教科書です。



よく確認してみると、何度も「日本 海」表記までされていますw





ダブルパンチです!!











さらに、

更に1907年の『大韓新地誌』でも同じ事が書かれています。

(※厳密にいうと、少し違うのですが詳しい説明は省略。)


























さらに、さらに、



日本が敗戦後(1945年以降)の史料に至っても、










■1947年『朝鮮常識問答』(韓国の常識Q&A)



韓国の領域は、

東経124度11分~130度56分23秒と書いてあります!



※繰り返しますが、竹島(独島)は東経131度52分です。





さらに、さらに、さらに、






■1948年『朝鮮常識』(韓国の常識)


「韓国の最も東の島は東経130度56分23秒の竹嶼(チュクド)だ」と書いてあります!






※チュクド(Chukdo)は鬱陵島の北東にある小さな島。

※漢字で「竹島」と書いてあるのが、チュクド(Chukdo,チュク島)の事です。独島ではありません。







何度も繰り返しますが、竹島(独島)は、東経131度52分にある島です。