※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このすてきな女優は、ネズミの衣装を着ています。

こんにちわ、そこの人!と【アンバー】は言います。

名前
私は、【アンバー】です。

仕事
私は、王立劇場の女優です。 私は、新しい劇で、【シェリー・ザ・マウス】の役を演じています。

王立劇場
これは、演じるには素敵な空間です。 私はお芝居に人生を捧げているの、知っていました。

空間
レイモンド自身が劇場のデザインに関わりました。

打ち込んでいる
実際に、これは私のデビュー作になるでしょう。 私は劇場での最初の機会を待ってた時は、ホステスとして働いていました。


私達の間だけの事だが、私の演技がひどく下手に思ます。彼女は、あなたにウィンクします。

【シェリー】
こんなたわごとを想像できますか? 私は、【ネズミのシェリー】がいたなんて、信じていません。 誰が、そんな話す事のできるネズミの話しを、聞いてきたのですか! それにこの台詞! 私なら、むしろ女王を出すでしょう。 はるかに合うと私のために言うでしょう。

台詞
私は、【ヒューバートの身の毛もよだつ冒険】と呼ばれるこの不合理な童話を暗記しなければなりません。

女王
私は、この作品に関して、レイモンドに尋ねました、そしたら、彼はかんしゃくを起こしました。彼は、これが歴史的に正確ではないと言いました。 ヘッ! まるでそれが全てを意味するようなものだったわ!

【シャミノ】
プー・プー・ヘッド!彼女は泣きます。彼女は次に、彼のところへ急いで向かって、直接彼の口にキスをします。【シャミノ】は真っ赤になって、自分の足を切り直します。*
【アバタール】の前でもそうしませんよ、プー*
【アバタール】と猛烈に! 彼女は、再び彼にキスをします。【アバタール】は、落ち着くようにあなたを説得する、最後の人です。

【シャミノ】
あなたは、私のボーイフレンドを知っていますか? 彼は多分、【ブルー・ボア】でやけ酒を飲んでいます。 怠けている悪党! 私は、彼を冒険に行かせるつもりではありません。 もう、彼は落ち着くべき年代です。 あなたなら、私がそう言っていたと彼に伝える事ができます!


さようなら
アデュー!*

@ライオンの【ヒューバート】は・・・@

@なぜ 言わないの?@

@ちょっと 衣装が大きくない?@

@私、このセリフ 嫌いよ!@

いつも通り ja.txtを準備しました。

添付ファイル