※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背の高い、細く節くれだった膝をした俳優です。
彼は、女性用のかつらを着けて、ドレスを引きずっています。

彼は、裏声で言います。
【ジェシー】は、喉を通らして言います。 こんにちわ!

名前
その俳優は裏声で話します。
私は、【ジェシー】 私はスターになりました。

名前
彼は、自分の顔を強く叩いて、通常の音域で話します。 おっと、すみません! 役を作り込んでいるので、時々男性だった事を忘れてしまいます!

仕事
私は、俳優として王立劇場で働いています。 私のキャリアにおける全てで素晴らしい役を果たしてきました。 現在、一生に一度の役を演じる機会があります。-- 【アバタール】という劇です。

王立劇場
大衆を満たさなければならないので、私達には、実験作品をする機会が決してありません。-- 伝統的な平凡なオートミールだけ。 しかし、素晴らしい空間とそれに脅威の音響学があるという事です。

大衆
人々は、鎧兜の騎士、美しい姫君、賢明な君主、魔法使い、邪悪なモンスターが出てくる、大胆な冒険の物語を見るのが好きです。

【アバタール】
役は非常にやりがいがあります。 過剰な台詞があります、そして、必要な活動の膨大な用意をするために何週間もトレーナーと共に働かなければなりませんでした。 この役で良く知られている名前を【ジェシー】とするでしょう!

挑戦
それは、簡単に発想で来た中で最も野心的の演劇作品です。 上演時間は100時間以上あります。 長い時間、観客の為に演じます。

台詞
私の最も良く言う台詞は以下の通りです。~~名前!~~仕事!~~さようなら!

実験作品
私の好きな作品は、【レイモンド】が私の為に書いた「3つのコッドピース」と言う題の作品です。 私は、ステージの上に立って、下着を小さな断片にまで裂きながら、一緒に裂く観衆を招き入れます。 それらは骨壷に入れられて、小麦ペーストと混ぜられます。 観衆達ではなく、布の断片です。 そして、観衆は彼らが願っている、私の身体のどこにでも布を張り付けていきます。

さようなら
さようなら。劇が開幕したときには、必ず見に来て下さい!*

@お名前!@

@お仕事!@

@はい!えー、 私はいいえと言っています!@

@さようなら!@

テキスト準備しています。

添付ファイル