※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベビー・ドールを持っているかわいい幼児を見ます。

ハイ!【クリスティ】は興奮して声を上げます。

名前
クウィスティ。

【ニコラス】のように【クリスティ】は私達の孤児の一人です。 彼女は、【ポーズ】の捨てられた家で偉大な評議会の議員一人によって見つけられました。

仕事
鬼ごっこ! 鬼ごっこをして遊ぶ事!
幼児は育児室の仲間を求めて走り出します。*

【クリスティ】は混乱しているように見えます。お歌。お馬のような。ローザ。勝ったの。

お歌
【クリスティ】は十二分に幸せそうに歌います。A-B-C-D-E-F-G! H-I-K-M-M-M-O-P! Q-T-W-Y-X-Z!彼女は、それを全く正しく歌えませんでしたが、歌う事を誇りに思っているようです。(「ABCの歌」だと思われます。)

お馬のような
私、お馬のようなやつ好き!!彼女は、揺り木馬に乗って、一生懸命前後に激しく揺らします。

ローザ
【クリスティ】は、自分のベビードールをきつく抱き締めます。これ、ローザ!

勝ったの
私が勝ったの!彼女は、大声で言います。

彼女はそれを言い続けています。 私にはそれが何を意味していたのか良く分かりません。 恐らく何か競争毎を処理しているのでしょう。

さようなら
バイ バィ!*

@鬼さん!こちら!@

@捕まえて!@

@ベロベロベー! こっちだよ@

@捕まえれるものなら 捕まえてみなさいよ!@

赤ちゃんをまとめて一つのテキストにします。

添付ファイル