※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Exult_studioで、BGのデータとSIのデータを切り替える!


1.Exult_Studioをインストールする。
 本来なら、ここも説明する必要があるんだろうけど・・・
 ごめんなさいまた今度。

2.Exult_Studioを起動させる。

3.ファイルを選択して開く
 ①下図のように[file]をクリックして、上から3つ目の[open game]を選択する。  
 ②下図の開くゲームの指定ができるので、
   ULTIMA Ⅶ THE FORGE OF VIRTUEを選択して、[OK]を押すとBGのデータを展開
   ULTIMA Ⅶ PART2 THE SILVER SEEDを選択して、[OK]を押すとSIのデータを展開します。 
  (Exultと同じフォルダにStudioをインストールすることをお勧めします。)

 ③左側に展開できたVGAfileが並んでいるので、各アイテムをみたいときは、[SHAPES.VGA]を選択、人の肖像を閲覧したいときは、[FACES.VGA]をクリック
すると、右側に画像が出てくる。

 ⑤右下の[Frames]を選択すると1つのコード内に含まれる複数のフレームも表示できる。
  1コードにつき1つの名称で、複数のオブジェクトの設定をしたり、
  爆風なんかのアニメーション処理をしたりしてリる
  あと、中には1つのコードでフレーム毎にアイテム名を変える処理をTXET.FLXのfileで  やってるみたい。ちなみに、下の方に Shape 199(0x0c7,1frame):って感じで()の中が
コード番号で、第何フレームの画像だよってことみたいです。


 ⑥特定のフレームを選択して、左クリックすると、下のようなメニューが表示される。
  [EXPORT FRAME]を選択すると、そのフレームをPNG形式の画像fileに落としてくれる。

 ⑦特定のフレームを選択して、ダブルクリックするとそのアイテムの設定なんかも見えるようになってるみたいです。


他の使い方もあるみたいだけど、それはまたおいおい解説してみます。