NPC > イメンマハ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#shadowheader

アグネス

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_agnes.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_agnes.jpg)
位置 ヒーラーの家 職業 ヒーラードレスを着られる職業です。
バイト 配達 (6時) 好きな贈り物 世界の詩 ハートケーキ
改造 -- 修理 --
販売アイテム ライフポーション スタミナポーション 包帯 フェニックスの羽根
Agnes 「あら、具合も悪くない方が何度も来るのはどういうことかしら。私困るわ。」
メイキング 髪:ツインピックテール/イ&shyメンマハブルー 目:純粋な目 口:微笑む 肌:?
装備 エレノアヒーラードレス エラストラップブーツ

あちこちに花壇がある美しい都市、イメンマハ。 その中でも、ヒーラーの家近くの花壇は有名です。それは、ヒーラーの娘が花と比べものにならないほどかわいく美しい女性だからという話があるからです。 イメンマハのヒーラーアグネスは優しい性格と美しい外見で、イメンマハに住んでいる多くの男性の心をときめかせる娘です。アグネスが患者に接すると、すべての患者の血圧が上がるという噂があるほどですから。

もちろんアグネスは実力のあるヒーラーなので、この噂を真に受けるはずがありません。だからといって、このような話を誰かに言うようなこともないそうです。それがまた愛らしいのでしょう。

そんなアグネスに「ヒーラーの道へ進んだ理由は何か」と尋ねると、ちょっと信じられない答えが返ってきました。以前、とっても気に入った服を見つけ喜びました。まさにその服こそヒーラードレスだったそうです。どうすればかわいいその服をずっと着られるか悩んだ末、この世界に入ったのだと…。

アグネスは制服の為にヒーラーになりましたが、人々をちゃんと診療し名医として噂が広まっています。ひょっとすると、美女の星とヒーラーの星から同時に祝福を受けたのかもしれませんね。

  • 台詞

「どんなご用ですか?」 「それは困ります」 「今日はとても静かね」 「もう大丈夫ですね」 「次のお客様どうぞ」 「人手が足りませんわ」 「また後で会いましょう」 「そういえばお薬を作らないと」 「今日も素晴らしい日でありますように」 「何か気分転換になる事でもしませんか?」 「掃除しましょうか」

エレノア

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_ailionoa.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (./Ailionoa.jpg)
位置 衣料品店 トレイムスコイデ 職業 トレイムスコイデの主任デザイナー、兼マネージャー
バイト 紡織 配逹 (7時) 好きな贈り物 クマのぬいぐるみ ウサギのぬいぐるみ
改造 -- 修理 衣装 靴 帽子 手袋 (成功率:98%)
販売アイテム 衣装 靴 帽子 手袋
Ailionoa 「…美しさを超越する美しさを作りたいの。それが私の願い。」
メイキング 髪:アンバランスナチュラルウェーブ 目:純粋な目 口:小さい2 肌:?
装備 ボレロアンドジャンパースカート 革シューズ(女性用)

イメンマハの有名なブティック「トレイムスコイデ」。 ここの第一人者である主任デザイナーが、まさにエレノアです。 もともと、エレノアはここのアルバイトだったと言います。神秘的な雰囲気を持つ彼女の美貌が目に留まり、衣料品店の主人が作った服を配達する仕事から始めました。ある日、具合が悪くて休みをとったデザイナーの代わりに服を作るというチャンスを得、そこで作り上げた服は大きな成功を収めました。それがきっかけとなり、今日の地位に。しかし、これを単なる幸運としか見ないのは、エレノアに対して失礼でしょう。じつは、エレノアは幼い時から服を作って来たそうです。違うのは、人ではなく人形のために作っていたという点だけ。このような背景を踏まえるならば、まさに経験が才能として花開いたのも必然と言えるのではないでしょうか?

だからなのか、エレノアは服に対する愛着が人並み外れていると言います。服をきちんと着ていない人に対しては、軽蔑すらするほどです。今では服を作る仕事よりも、衣料品店の運営と関連したことをしているためか、デザイナー時代の美徳と見られた繊細さと偏った美意識が、ときどき彼女を偏屈な人のように見せる時もあります。しかし、エレノアは基本的に優しく、裏表のない女性。トレイムスコイデで仕事をしていた人の話によると、彼女は夢想家のような目をしているが、だからといって現実から目をそむける事は絶対にないと言います。 そして、エレノア自身も必死に努力しているようです。

  • 台詞

「でも…」 「そんな…」 「まだかしら?」 「どうして私に…」 「ついてないわ…」 「なんでもないわ。」 「変な人がいるわね」 「そんなもんよね。」 「どうしましょう?」 「それはあなたの問題」 「そんなことを私に聞くなんて…」

アイディン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_aodhan.gif) 位置 イメンマハ領主の城前 職業 イメンマハ近衛隊長
バイト -- 好きな贈り物 苦い人参
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Aodhan 「私の剣は守護の為。下等な雑魚を切る為ではない。」
メイキング 髪:シャギーリトルテール 目:冒険家の目 口:普通 肌:?
装備 クレイモア クラウスナイトアーマー

イメンマハの領主と領民を守る近衛隊の隊長です。無愛想な表情でいつも変わらず立っている姿は、少し怖くも見えます。しかし実際には、いつも礼儀正しくまじめな態度で訪問客を迎え入れていることの表れでもあります。必要な要件だけを短い時間で答えるために、彼と長い会話をこなすのは大変かもしれませんが、少し本音を言えるようになれば、アイディンがどれほどイメンマハとそこの人達のことを考えているのかがすぐに分かるでしょう。そのためイメンマハの人達も、アイディンの歳とは関係なく彼を尊敬し、従っています。クラブを運営するルーカスとはなぜか仲が悪いようですが、それ以外の人達とは非常に人情深い信頼関係を築いているようです。アイディンが近衛隊長になったのは、もう何年も前のことだと言いますから、若いにも関わらずかなりの実力があるのではないでしょうか? ダンバートンのアランウェン先生と同じところで修練した事があるという噂ですが、2人の雰囲気が似ているところを見ると、全く根拠のない意見とは言えないかもしれません。

  • 台詞

「・・・」 「怪しい奴だな」 「城に入るには許可を」 「今日も異常はないな」 「そこ!怠けるな!」 「もっと厳しくしないとな」 「夕方の訓練は覚悟するんだな」 「注文した武器は届いただろうか」

デル

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_del.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (./デル.jpg)
位置 イメンマハの広場 職業 花を売っています。おひとつ差し上げましょうか?
バイト 配逹 採集 (8時) 好きな贈り物 ??
改造 ジャガイモ用の鍬- 修理 --
販売アイテム 花飾り 花冠
Del 「デレンが原因で時々こう思います。自分が妹だったらどんなに楽だろうかと…。」
メイキング 髪:アラビアン 目:純粋な目 口:微笑む 肌:?
装備 エプロンドレス エラストラップブーツ

イメンマハの広場に行くと、花びらのようなしっとりとした髪を結んでいる美しい娘に会えます。美しい花を売る彼女の名前はデル。あまりにもかわいい顔におばあさんが感嘆して、つけた名前とか。勘が鋭い方なら、すぐ横に立っている娘が驚くほどデルとそっくりだという事に気付くでしょう。彼女の名前はデル。デレンの双子の姉だそうです。じつはいつもいがみ合っている広場の美女たちについての噂は、イメンマハではかなり有名な話でもあります。 デレンとは間違いなく双子ですが、やはりデルはお姉さんであるため、かなり大人っぽく思慮深い面があるようです。同い年の妹が張り合おうとして時々彼女の顔をゆがめはしますが、それでもデルは他の人に心美しく控えめな娘として知られています。 デルと仲良くなりたい方に、ひとつこっそりとコツを。幼少の頃から園芸家の父になついていたデルは、こんな話をずっと聞かされていました。『人は夢がなかったら生きていけないものだ。夢を持つ者だけが未来を話す資格がある。そして恋愛をすることになったら、風情と趣が分かる男性と付き合うのがいい。』

もしイメンマハに行く事になったら、そしてそこの広場を通ることになったら、それに加えて花の美しさを吟味できる人であるなら、広場で立ち止まり彼女を捜してみて下さい。

  • 台詞

「本当にいい香り」 「いらっしゃいませ」 「お花はいかがですか」 「今日も沢山売れるといいな」 「どんなお花をお探しですか?」 「プレゼントならお花が一番ですよ。」 「きれいなお花がたくさんありますよ」 「意中の女性にお花のプレゼントはいかがですか?」

デレン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_delen.gif) 位置 デルの横(ちぇっ!) 職業 デルと同じ (ちぇっ!ちぇっ!ちぇっ!)
バイト -- 好きな贈り物 プレゼント用の花束
改造 -- 修理 --
販売アイテム 花 花束
Delen 「ちぇっ。毎日々々、姉の愚痴。私と数分しか違わないのに…。」
メイキング 髪:アラビアン 目:純粋な目 口:微笑む 肌:?
装備 エプロンドレス エラストラップブーツ

デルがこの世の光を見たすぐ後に生まれ、あえなく妹になった娘がいます。彼女の名前はデレン。先に生まれた赤ん坊にデルという名前を付けてその後すぐ生まれた赤ん坊を何と呼ぼうかおばあさんが慌てた時におじいさんが付けた名前だそうです。デレンはデルと同い年ですが、いつも周りの人にはデルの妹として知られ、比較対象になってしまっています。そのせいか、デレンはデルに対してそんなに良い感情はないみたいです。 時々大人っぽく振る舞う姉に対して頬を膨らまし不満をあらわにし、ある時は証拠を残さず姉の真似をして、デルを困らせる事もしました。しかし、デレンが茶目っ気ある子供のような微笑みを浮かべる時には、双子でありながら姉とは違う何かがあるという事が分かるでしょう。

デレンと仲良くなりたい方に、ひとつこっそりとコツを。幼少の頃デレンは、お母さんから(耳にタコができるほど)こんな話を聞かされていました。『生活力があるきちんとした男性と出会って、幸せな家庭を築きなさい。自分の家を持ち、家族を不自由なく養っていける人が、きちんとした男性よ。』

もし、イメンマハに行く事になったら、そしてそこの広場を通ることになったら、それに加えて花の美しさを吟味できる人であるなら、デルだけでなく、デレンとも話をしてみて下さい。 …2人を混同するかもしれませんが。

  • 台詞

「いらっしゃいませ〜」 「花はいかがですか〜」 「香りがいい花はいかがですか〜」 「きれいな花がたくさんありますよ〜」 「プレゼントならやっぱり花ですよ〜」 「ロマンチックな貴方には花が一番!」 「今日来るお客さんは、ちょっと…?」 「あっ、お客さん〜花はいかがですか〜」 「お客さん、綺麗な花がそろってますよ〜」

フレイザー

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_fraser.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/帽子/見習いコックの帽子/Fraser.jpg)
位置 イメンマハのレストラン 職業 見習いコック…です。
バイト 配逹 料理 (12時) 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム 料理
Fraser 「うぁあ、また焦がしちゃった。これじゃ食べられないな〜。」
メイキング 髪:シャギーボリューム 目:純粋な目 口:真剣 肌:?
装備 見習いコックの帽子 トーク男子コック服 薄い革シューズ

フレイザーは、一所懸命料理の腕を磨いている見習いコックです。すでに実力だけなら食堂を開けるほどなのですが、フレイザーを教えている先生がなにしろ完璧主義者なもので、いまだに見習いという肩書きが取れずにいます。イメンマハ育ちのフレイザーは都市内に友達も多く、天性の気さくな性格のおかげで、誰とでも仲良くしています。とくに花売りの双子や武器屋の娘とは、きわめて親しい友達の関係です。 鉢植えを育てながら絵に描いたような平穏のなかに暮らす両親や、やかましいけどかわいい妹と、イメンマハで一緒に暮らしています。シェーナのくどくどとした文句に頭が上がらないのは、妹に言われ慣れているからかもしれません。

あまり苦労を知らずに育ったので、人に対して慎重さがないと咎められることもありますが、厳しく計り知れない料理の授業を逃げずによくついていくところを見ると、見かけよりも芯が強い青年なのかもしれません。

  • 台詞

「試食してみませんか?」 「生クリームはこのくらいの硬さで…」 「えーと、次は…?」 「オーブンの時間をみなきゃ。」 「あっ、果物が足りない!次は花の飾りを…」 「うん、いい匂いだ。」 「私は天才かもしれない!」 「あー、脚が疲れた。」 「ご飯を食べてしまおうかな。」

ガルビン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_galvin.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/帽子/コレスフェルト帽子/Galvin.jpg)
位置 イメンマハ南側の展望台 職業 展望台を管理しています。また、あれこれと雑貨も売っています。へへ〜。
バイト 配達 (7時) 好きな贈り物
改造 -- 修理 雑貨 (成功率:93%)
販売アイテム 雑貨 仕立て 型紙 プレゼント
Galvin 「へへ〜何をお探しですか?言って下さい。へへへ〜。」
メイキング 髪:ポニーテール 目:いたずらっぽい目 口:微笑む 肌:?
装備 コレスフェルト帽子 スタンドカラースリーブレス ツインバックルブーツ

イメンマハの入り口にある展望台を見た事はありますか? あるなら、その展望台を管理しながらアイテムを売っている青年が誰か分かるでしょう。そう、黒く日に焼け、理解に苦しむセンスのスリーブレスを着ている青年、ガルビンです。もともと故郷はバンホールでしたが、あまりの生活苦にお金を稼ごうと、とても栄えている都市のひとつであるイメンマハに来たと言います。ガルビンの快活にみえる性格は、おそらく長い旅先暮らしからくる寂しさを紛らわす為ではないかと思われます。 そのためかは分かりませんが、ガルビンは生活力に長けているところがあります。小銭も無駄にしない倹約上手で、お客さんにも気さくで…これなら、少し野暮ったい性格も許せるかと思います。アルバイトをした人たちの間では、ガルビンの性格についてああだこうだという話もたくさん出ますが、見方を変えてみれば、サービスを受ける人の気持ちとサービスを提供する人の気持ちというのは実際異なる部分があるのは当たり前で、むしろ自身の仕事に忠実だ、と考えるといいのかもしれません。

ガルビンは事あるごとに、クラブ「ベアンルア」の主人ルーカスのことを恩人だと言っていますが、どうも2人の間に何かあったのではないかと思われます。気になりますね。

  • 台詞

「へへへ〜」 「へへへへ〜」 「(ぼりぼり)」 「らら〜らら〜」 「は!は!は!」 「社長!ここです!」 「奥様!ここです!」 「お姉さん!ここです!」 「お兄さん!ここです!」 「いらっしゃいませ!」 「そこの可愛いお客様!」 「そこの可愛いお嬢さん!」 「そこの格好いいお客様!」 「そこの格好いいお姉さん!」 「そこの格好いいお兄さん!」 「何を探してるんですか?」 「お客様!何を探してるんですか?」 「値段はどのくらいまで…?」 「へへ〜ルーカス様、最高〜」 「今日の売り上げすごいね!」 「展望塔!イメンマハの名物! 」 「あら!この方また、来てくれたね!」 「うわ!気をつけておかえりなさい!」 「え〜それはお客様が知らないみたいですね」

ゴードン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_gordon.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/帽子/ベテランコックの帽子/veteran_cock_hat.jpg)
位置 イメンマハのレストラン 職業 総シェフ
バイト -- 好きな贈り物 プレゼント用の指輪
改造 -- 修理 --
販売アイテム 料理 料理材料
Gordon 「火を支配する者が味を支配する!」
メイキング 髪:? 目:真剣な目 口:? 肌:?
装備 ベテランコックの帽子 トーク男子コック服 薄い革シューズ 万能おたま

ゴードンは、湖畔にある美しいレストラン「ロフリオス」の総シェフです。料理長とも呼びますが、それよりはシェフという名称を好んでいます。ほぼイメンマハ育ちと言っても差し支えありませんが、小さい時は非常に貧しく苦しい生活をしたそうです。その時ゴードンが唯一希望を持ったものが、料理の技術を身につけることでした。人情のある食堂の主人のおかげで食への道が開けた少年は、やがて大きくなり、最高の料理を追及する素晴らしいコックになりました。今のロフリオスは、そのとき料理を学んだ食堂を買い入れて奇麗に改築したものなのです。彼は多くの苦労を乗り越え一代で財を成し、若い時には軍隊で働いたこともあるほど、波乱万丈の生活を過ごして来ました。そのためか、故郷に戻って落ち着いた今でも、その時の癖がたくさん残っているようです。 少しばかり気難しく頑固な面もありますが、ひたすらに至高の境地を目指し努力するゴードンの姿に、多くの人が感動を覚えることも事実のようです。いくら厳しく指導していようとも、弟子のフレイザーの口ぶりに尊敬の念がこもっているのはそのためでしょう。

  • 台詞

「ぅおっほん!」 「料理師はドルイドと同じ存在だ!永遠に忘れられない味は何だと思う?」 「料理は芸術!芸術は精神!精神は努力と魂!」 「お客様は神様だ!」 「計量には命を掛けろ!」 「ばかやろう!お前それでも調理師のはしくれか!」 「だらしない…」 「しっかりしろ!」 「フレイザー!しっかりしろ!」 「シェーナ、お客様が来たぞ。」

ジェームス

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_james.gif) 位置 イメンマハ大聖堂の前 職業 副司祭 (正確な地位はもう少し複雑らしい?)
バイト 採集 (12時) 好きな贈り物 世界の詩?
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
James 「ようこそ、兄弟。心の安息所によくいらっしゃいました。」
メイキング 髪:ダンディーカット 目:やさしい目 口:小さな口 肌:?
装備 革シューズ

巨大で雄大なイメンマハの聖堂を訪ねた人たちは、誰でも少し臆する気分を感じるでしょう。そのような人たちの気持ちを察しているかのように、晴れやかな笑みを浮かべ素朴に迎え入れてくれるのがジェームス司祭です。 無理やり教理を説き明かすとか強要するのではなく、近所に住むお兄さんやおじさんのように、他愛もない世間話から自然に信仰心を持たせる妙な親近感があります。おかげで、町中ではジェームス副司祭について悪く言う人は1人もいない程だといいます。そう、あの気難しいルーカスさんや厳格なゴードンさんでさえも。

落ち着いた雰囲気のせいか、実際の歳よりも少し老けて見えるとも聞きますが、時折できる暇を縫っては聖堂付近で釣り糸を垂らしている姿を見ると、その評に誰も反論しない理由が分かる気もします。

  • 台詞

「皆さん、聖堂は堅苦しいところではないです。」 「小さいことから、実践してください。それがやさしさです。」 「神様、今日もよい一日になりますように。」 「すべての旅行者たちに祝福がありますように…」 「今日はどこに手紙を書けばいいんだろう…」 「ダンバートンにも連絡しなくては…」 「カムガンは元気かな。」 「あ、服のすそが汚くなったね。」 「お茶にでもしようかな…?」 「キャンドルの注文をしなくちゃ。」 「掃除をしなきゃ〜」

ジョセリン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_jocelin.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/女性衣装/事務用スーツ/Jocelin.jpg)
位置 アスキン銀行イメンマハ支店 職業 支店長
バイト -- 好きな贈り物 下着セット 靴下
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Jocelin 「若者は、この事実だけは記憶して社会生活を始めるべき。自分はこの世の中で全く特別な存在ではないって事を、ね。」
メイキング 髪:ウェーブ 目:好奇心 口:微笑む 肌:?
装備 事務職用スーツ

ああ、アスキン銀行イメンマハ店の支店長就任挨拶で述べた上記の言葉のために、いったいどれだけ多くの若者が衝撃を受けたことでしょうか! 「ジョセリン支店長は血も涙もない鉄の女だ」という噂も、すべてこの一言から出たのだと言われます。そんな風評のせいでしょうか、ジョセリンさんに初めて会う人は3つの事で驚きます。1つ目は、話し相手を配慮する気品とその教養。2つ目は、30代をゆうに超えるはずのジョセリンさんの顔が、童顔でかつかなりの美貌を誇っているという事実。3つ目は、冷静な一面が窺えるほど几帳面な仕事の処理…。アスキン会長がジョセリンを任命したのは全て理由があってのことだと、ジョセリンに会った人たちは共通の評価をします。 その人柄からなのか、多くの娘がジョセリンのような成功を収めるためにはどうすればいいのか助言を求めてきますが、そのたびにジョセリンは次のような話をします。「能力のない男たちが男だという理由だけで世の中の既得権を全て占有しようとしても、その点に対して直接的な反感を持つのではなく、男たちに文句を言わせない実績を立てること。事業は柔軟さと繊細さが支配する世界。些細なことにとらわれ、男性を敵対視しているかのような態度を見せたら全て終わりよ。」しかし、男たちに勝つため男たちが持つ武器が必要だという発想自体が問題だと指摘するジョセリンの声に、苦々しい自嘲が染み出ているように感じられるのには、どのような理由があるのでしょうか。

  • 台詞

「・・・」 「あ〜」 「ふう…」 「忙しいわね」 「ふぅ…今日も忙しいわね」 「元気いいわね」 「怠けては駄目よ」 「今日も頑張るわよ」 「まだかしらねぇ…」 「どうしてこんな時に…」 「これでいいでしょう」 「ちょっと疲れたわね」 「時間を大切にするのよ」 「何をしてるのかしらね?」 「何で報告がないのかしらね」 「報告、連絡、相談を忘れずに」 「あの件はどうなってるのかしら?」 「伝言板に何も書いてないじゃない」 「いつになったら連絡がくるのかしら」

ルーカス

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_lucas.gif) 位置 イメンマハのクラブ 職業 クラブのマスター兼バーテンダー
バイト -- 好きな贈り物 ワイン 指輪
改造 -- 修理 --
販売アイテム お酒 料理
Lucas 「俺の真似をするのは10年早いぞ、小僧。」
メイキング 髪:長髪/ブラック 目:? 口:? 肌:?
装備 テ&shyィルコネ&shyイル伝統衣装

イメンマハの東に、昼間には入れない秘密めいたクラブがあります。どうにも子供が入ることを拒否するかのような派手な雰囲気のなか、全ての人を蔑むような目つきで立っている男がいたら、それがルーカスです。ほかならない、クラブのマスターですね。初めて会う人は、彼が見せる傲慢な態度と威嚇的なしゃべり方に眉間にしわを寄せがちですが、親しくなれば、意外と気を遣っていろいろとしてくれるということです。とくに気に入った女性には、プレゼント攻勢も惜しまないという噂があります。 エイリフ王国の首都、タラの出身だということですが…自分の店を建てるためにイメンマハまで来たあたり、見かけより努力家なのかもしれません。イメンマハの近衛隊長アイディンとはあまり仲が良くありませんが、特有の図々しさからくるのか、とくに何とも思っていないようです。ああ、もちろんルーカスがいる前では、このような事は言わない方がいいでしょう。いつも笑顔のルーカスから痛い目にあうかもしれませんので…。

  • 台詞

「うむ」 「くだらない冗談を言うんじゃない」 「うるさい、静かにするんだ」 「いい雰囲気の店だろ?」 「今度はどんな事件なんだ」 「クックックッ」 「今日の客は運がいいな」 「坊やは早く家に帰って寝るんだな」 「どんな奴らだ…」 「ゆっくり休むんだな」 「酔いすぎじゃないか?」 「飲め!食え!踊れ!」

ネイル

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_nele.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/ローブ/マフラーローブ/Nele.jpg)
位置 イメンマハの噴水広場 職業 放浪の吟遊詩人
バイト 配逹 (10時) 好きな贈り物 ロウソク台
改造 -- 修理 --
販売アイテム 楽器 楽譜 音楽書籍 クエストスクロール
Nele 「波の音も聞き方さえ分かれば、それは素敵な音楽だろ…?」
メイキング 髪:? 目:神秘的な目 口:微笑む 肌:?
装備 星つき魔道士の帽子 マフラーローブ ツインバックルブーツ マンドリン

ネイルは、イメンマハの広場で会える吟遊詩人です。噴水の横に立ち、いつも笑みを浮かべたまま通り行く人に音楽を贈っています。ゆったりとした話し方と柔らかな声が子守唄を連想させるネイルは、多くの場所を放浪して回り、少し前からイメンマハに滞在しています。今はイメンマハが気に入っており、しばらくの間滞在する考えだそうです。常に油を売りながら楽譜を執筆しているのを見ると、仕事をしないでどうやって食べていけるのか心配にもなりますが、「食べ物が手に入ったら食べ、眠たい時自由に寝るのが吟遊詩人の生き方だ」というのが本人の持論のようです。もちろん、フレイザーやアグネスのように、優しい友達の恩恵を授かっているというのも無視できないでしょうね。 皆さんもイメンマハの広場を通ることがあったら、一緒に焚き火をして食べ物を分けて食べるなんてどうでしょう? おそらくそのお礼に、焚き火が消えるまでの間、何曲か美しい音楽を聞かせてくれるはずです。

  • 台詞

「ああ、いい天気だなぁ〜」 「ん〜風が爽やかだねぇ…」 「ん〜絶好の演奏日和だ…うん、いい曲が浮かんだぞ…」 「さ、新曲を作ってみるかな…」 「ふ〜む…この曲がいいかな…あの曲がいいかな…?」 「皆さん〜ボクの音楽聞いてかない?」(笑) 「空がボクの屋根となり、土がボクのベッドとなる…♪」 「水の流れる音がとってもイイのさ…」 「さて、リュートの手入れしなきゃ…」 「ああ…お腹が空いたね…アハハハ…」

オスラ

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_osla.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/防具/女性用/ローズプレートアーマー(Bタイプ)/Osla.jpg,noicon,noimg,全身画像);
位置 イメンマハの武器屋 職業 …そうですねえ…武器屋を運営していることはしていますが…。
バイト 配逹 (15時) 好きな贈り物 ウサギのぬいぐるみ
改造 -- 修理 武器 防具 (成功率:95%)
販売アイテム 武器 靴 兜 鎧
Osla ??「ほええ…あなたもハッピーハッピーライフ〜?」
メイキング 髪:ニューポニーテール 目:暖かい目 口:普通 肌:?
装備 ローズプレートアーマー(Bタイプ)、スパイカーシルバープレートブーツ

そこのあなた、見たところイメンマハで装備を修理できるところを探しているようですね? 武器屋か鍛冶屋か…。もしそうでしたら、広場から北西に少し行くと、上半身にひょいっとプレートアーマーをまとった娘に会えます。片手を頬にあて、首をずっとかしげているのですぐに目に付くでしょう。その娘がまさに、イメンマハの武器屋を運営するオスラです。 え? なんであんなボーッとしてるように見える人が、ちゃんと修理をできるのかって? ふふっ、知らないようですね。じつは、オスラは見かけより手際がいい方なので、イメンマハ近衛隊の装備の修理はオスラが全部引き受けているのです。その実力にはかなりの信頼をおけるのですが、みんなが口々に「いつもボーッとしている」「何を考えているのか掴みにくい」と噂をするせいで、むしろオスラ自身が、自分に対する自信を失っているようでもあります。

ぼんやりとした表情でボーッとした話をいろいろとするため、印象はちょっとアレですが、都市に住む大部分の人たちがそうであるように、オスラは小賢しさとか自己中心的な面とは縁遠い娘です。他の人と少し違う雰囲気を醸し出しているのは、小さい頃から旅行をしていて成人してからイメンマハに定着したためだと言われていますが…これほどの天然ぶりは、ただこの娘の個性なのだと考えても良いのではないでしょうか?

…それでもまあ、これはちょっと…いう時もあります。売り上げが減ってしまい、店の隅っこですすり泣いているのを見たときには、何と声をかければいいのか…。

  • 台詞

「…(キラキラ)」 「また赤字…」(惨) 「また計算間違えちゃった…」 「ん〜何か忘れてるような〜」 「いい男の人いないかな〜」(愛) 「わたしって美人なのかしら…?」 「わたし…何考えてたんだっけ?」 「修理頼んだ方、取りにきてくださ〜い」 「いつか…白馬に乗った王子様が…」(萌) 「わたしって頭悪いかな…やっぱり」(情) 「あ〜メモした紙…どこにしまったかな…?」 「お客様が多くても心配だわ〜」

シェーナ

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_shena.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/女性衣装/エレノアキュートフリルスカート/Shena.jpg)
位置 イメンマハのレストラン 職業 レストランで店員の仕事をしています。この服かわいいでしょう?
バイト -- 好きな贈り物 ショートケーキ ハートケーキ
改造 -- 修理 --
販売アイテム 料理材料
Shena 「もちろん! ロフリオスは王国最高のレストランですもの!」
メイキング 髪:ハイスクール/カレントレッド 目:好奇心 口:微笑む 肌:?
装備 エレノアキュートフリルスカート、革シューズ(女性用)

シェーナは、イメンマハのレストラン『ロフリオス』でウェイトレスをしている少女です。愛想が良く人当たりがいい性格で、まんまるとした目のためか、時々材料の買い出しや配達に出る時には、都市の多くの人たちがシェーナを見つけると笑顔で挨拶をしてきます。 しかし、ただ彼女の魅力に惹かれ好感を抱いた程度であれば、後々驚かされることになるでしょう。シェーナの仕事ぶりは、いっぱしの大人にも負けず劣らずぬかりがありません。あの厳格で頑固なゴードンシェフも、シェーナの言葉には耳を傾けるほどと言われていることからも、シェーナの性格と能力がどれほどのものか伺い知れるでしょう?

一生懸命働いても叱られがちなフレイザーは、そんなシェーナがとても羨ましいみたいですが…それはさておき。シェーナは村の事情について明るいので、ロフリオスに行くことになったら誠意を持って接してみて下さい。多くの助けを得られるでしょう。

しかし、たとえ冗談半分であっても、家族についてしつこく尋ねたりしてシェーナの機嫌を損ねないようにして下さい。シェーナは記憶力も良いので、一度悪い印象を持った人を忘れません。町の人はときに、シェーナのこのような性格について話をしたりします。シェーナの内面に何があるのかは分からないが、同世代の子たちであれば耐えがたい何かを、心の内にしまい込んでいるのではないかと…。

  • 台詞

「いらっしゃいませ〜!」 「ロフリオスにようこそ!」 「湖畔のレストラン、ロフリオスです!」 「食事できま〜す」 「王国最高の味を味わってみてください!」 「さあ、さあ、並んでください!」 「少々お待ちください」 「お客様、こちらで〜す」 「ここ、席空いてま〜す」 「今行きま〜す」 「特選メニューです!」 「もう少し待って頂けますか?」 「お味はどうでしたか?」 「はい、有難うございます〜またの来店をお待ちしてま〜す」

ウィロウ

#ref error : ファイルが見つかりません (./Wyllow.png) 位置 イメンマハ大聖堂の中 職業 --
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム
Wyllow
メイキング 髪:? 目:やさしい目 口:? 肌:?
装備 革シューズ
  • 台詞

「ふむ…。」 「祈りましょう…。」 「ライミラク神よ…。」 「神の前で頭を下げるのだ…。」 「近頃の人々は信仰心が足りなくて…。」

クレイグ

#ref error : ファイルが見つかりません (./Craig.jpg) 位置 イメンマハパラディン修練場 職業 パラディン隊長
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Craig 「・・・特に用事がなかったら、できるだけこっちに来るのは避けてくれ。」
メイキング 髪:ギザギザ 目:冒険家の目 口:普通 肌:?
装備 クレイモア
  • 台詞

「今の練習生たちでは、昔の彼らには及ばないな…」 「無敵の騎士団という名前にふさわしくないと…」 「また、あの指令か…」 「・・・」

ティロン

#ref error : ファイルが見つかりません (./Tyron.jpg) 位置 イメンマハパラディン修練場 職業 パラディン修練生
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム ??
Tyron 「よぉ、元気?今日の気分はどう?」
メイキング 髪:ギザギザ 目:冒険家の目 口:普通 肌:?
装備 フルートプレートアーマー フルートプレートガントレット フルートプレートグリーブ ブロードソード
  • 台詞

「鎧の手入れしなきゃ…。」 「なんで剣術が伸びないんだろう…。」 「今日もマイナーコボルドを捕まえにいくか!」 「隊長!少し休んで良いですか?」 「訓練してます!」 「訓練訓練。」 「いち、に! いち、に!」 「ポキ! …あれ? 腰が…。」

ホームレス

#ref error : ファイルが見つかりません (./Beggar.png) 位置 イメンマハの噴水広場北東 職業 --
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム
Beggar
メイキング 髪:ミュージシャン 目:澄んだ目 口:普通 肌:?
装備 ローブ
  • 台詞

「くださ〜い、くださ〜い。」 「お金くださ〜い。」 「銭をくださ〜い。」 「通り過ぎちゃ、さっびし〜。」 「お願い、一円だけでも〜?_?」 「人に優しく!」 「昨日〜来た〜物乞いが〜きょおも〜這い上がって〜来たよ〜。」

町の金持ち

&attachref 位置 イメンマハの噴水広場 職業 --
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム
Emain
richman
メイキング 髪:? 目:眠そうな目 口:? 肌:?
装備 ボリュームベレー帽 ルイス聖職者コート
  • 台詞

「ゴホ、ゴホ」 「おっと、今度もまた」 「おっと、またコインが…」 「小切手を使うべきか…」 「もっと大きい財布が必要だな」 「この町にはホームレスが多いのか?」 「おっと、コインが滑り落ちてしまったな」 「両手に持っても金が溢れるくらいだな」 「さっきから何で金が滑り落ちるんだ?」

近衛兵

#ref error : ファイルが見つかりません (./royalguard.jpg) 位置 イメンマハ北側入口
イメンマハ城各所
職業 衛兵
バイト -- 好きな贈り物 --
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Guardsman 「勤務中、異常なし!」
メイキング 髪:? 目:? 口:? 肌:?
装備 ペリカンプロテクター

イメンマハの各所(主に城の内外)に立つ衛兵。 いでたちはみな一緒ですが、会話時の台詞は単調ではないので聞いて回るのも一興かと。

  • 科白

「とりあえず状況を整理してから報告しよう」 「ダンジョンでまた事故ったのか?」 「コホ!コホ!」 「ごみ捨てるそこの奴!」 「なんで裸で歩いてるんだよ!」 「なんてこった!ここは遊園地だとでも思ってんのか」 「あいつ、何だか怪しいニオイがするな」 「やはり、鎧の手入れをしてきた甲斐があったぜ」 「あそこに見えるあれは何だ?」 「目がかすんでよく見えないな」 「う〜ん、何だか足が痛くなってきたな」 「一般庶民は兵隊を機械だと思い込んでるからな」 「いつ交代するのかな…」 「家内に会いたいなあ」 「交代兵は何でこんなに来ないんだ?」 「ちっ…俺は少し早く交代してやったのによ」 「この鎧を着て寝れば、ばれないぞ…」

ベアンルアのドアマン

#ref error : ファイルが見つかりません (./Beanrua_g01_face.jpg)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/飛脚ウェア/doorman02.jpg)
位置 イメンマハのクラブ 職業 クラブのドアマン
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム ベアンルア入場券
Beanrua
guard
メイキング (A:街路側) 髪:? 目:? 口:? 肌:?
(B:入口横) 髪:? 目:? 口:? 肌:?
装備 飛脚ウェア、ガーディアングローブ

昼間は姿を見せず、夕暮れ時になるとどこからか現れるガードマン達。 ルーカスの運営するクラブ『ベアンルア』に入場したいなら、まずは彼らに話しかけてみましょう。

  • 台詞

「ベアンルアにようこそ!」 「ここがベアンルアです。お入りくだせぇ」 「オープンしました。ご入場くだせぇ」 「何名様っすか?」 「ご入場ありがとう!」 「どうぞ」 「ベアンルアをお探しですか?こちらでっせ」 「あらかじめ予約された団体の皆さんですか?」 「おう、ベイビー、もう少ししたら合図送るからよぉ」 「入場してくだせぇ!急いで!」 「こちらにどうぞ。お席、空いてます。」 「らっしゃい!」 「どうぞお入りくだせぇ」 「迷ってないでお入りくだせぇ」 「開店しました。お入りください!」

ベアンルア従業員

#ref error : ファイルが見つかりません (beanrua.png)
#ref error : ファイルが見つかりません (00.jpg)
位置 イメンマハのクラブ 職業 クラブの従業員
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Beanrua
メイキング 髪:? 目:純粋な目 口:? 肌:?
装備 革のラビットバンド5
  • 台詞

「いらっしゃい!」 「いらっしゃいませ!」 「ようこそ。」

ルア

#ref error : ファイルが見つかりません (./rua.gif) 位置 イメンマハのクラブ 職業 --
バイト -- 好きな贈り物
改造 -- 修理 --
販売アイテム
Rua
メイキング 髪:? 目:? 口:? 肌:?
装備

ルアは一定周期ごとにインメハマクラブ内に出現します。

ルアの服入手イベント

  • 台詞

「冗談がお上手ね。」 「私、演奏が上手な人、好きよ。ふふっ。」 「ふふっ。」 「あら?どこ見てるの?ふふっ。」 「どう?カクテル1杯、付き合わない?」 「ん〜…ちょっと喉が渇いてきたかな…。」 「退屈な話はキライよ…。」 「ラ〜ララ〜♪」 「ふふっ、面白い人ね…。」 「そんな遠慮しないで…こっちへいらっしゃい。」 「マスター、カクテル2つお願い。」

結婚式案内人

#ref error : ファイルが見つかりません (./bridal_companion.jpg)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/クラシックスリーブウェア/bridal_companion00.jpg)
位置 イメンマハ大聖堂の中 職業 結婚式場員
バイト -- 好きな贈り物 --
改造 -- 修理 --
販売アイテム 結婚式案内状(婚約者のみ)
Wedding
guide
「素敵な想い出作りができるように、誠心誠意努めさせて頂きます。」
メイキング 髪:ワイルド 目:冒険家の目 口:小さな口 肌:?
装備 クラシックスリーブウェア コレスブーツ

→詳細は「結婚」を参照。

  • 彼に「結婚について」で尋ねても、かなり丁寧に説明してくれます。
  • 台詞

「結婚される方はお声をかけてください。」 「ご用のある方はなんなりと。」

結婚衣装貸出人

#ref error : ファイルが見つかりません (./bridal_wears.jpg)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/その他/雛菊の飾り/bridal_wears00.jpg)
位置 結婚式場ロビー 職業 結婚式場員
バイト -- 好きな贈り物 --
改造 -- 修理 --
販売アイテム 結婚式用の貸衣装類(新郎新婦のみ)
Wedding
dress
rent
メイキング 髪:ナチュラル 目:好奇心 口:小さな口 肌の色:?
装備 事務職用スーツ、雛菊の飾り、コレスブーツ

→詳細は「結婚」を参照。

  • 結婚式場内にいるので、通常は出会う事はありません。
  • 台詞

「結婚衣装をレンタルさせて頂いております。」

コメントフォーム

  • オスラがネリスの友達らしい。オスラがいってました。 -- 2005-08-12 16:59:58 (金)
  • ジェームスがコレスシーフスーツを釣ったと話してました -- 2005-08-25 13:58:07 (木)
  • ルーカスはEカップ好きだと話していました -- 2006-02-14 (火) 18:09:48
  • ジョセリンの好きな贈り物、靴下と下着セットになっていますが、バレンタインイベントにてプレゼントしたところ、「親しい顔」が限度でした。消去法でプレゼントしていったところ、ロウソク台にて特別なチョコがもらえたので、こちらかもしれません。 -- 2006-02-14 (火) 22:37:40
  • ちなみにジョセリンは、どのプレゼントをあげても、喜んでる風のメッセージしかでないようです。 -- 2006-02-14 (火) 22:38:18
  • ルアにりんごをあげると次はチョコレートがほしいと言って来ます -- 2006-02-15 (水) 08:00:10
  • 何の意味もないとは思いますが、ネイルにナオからもらえるキーワード「胸」で話すとキーワード「楽器演奏」が貰えます 胸で演奏・・・ -- 2006-03-12 (日) 14:23:56
  • ジョセリンとバンホのブライスは知り合いなんだね -- 2006-04-09 (日) 03:48:14
  • 北門の近衛兵の片方のセリフはかなり面白いので観察してみるといいかも。あと意外と事情通だったりする -- 彼は何者なんだろね(*‘ω‘ *)
  • デレンに「スマッシュ」のキーワードで話すと意外な事実がわかります --
  • エレノアはロウソク台で好感度が上昇…? 「会話を止めたがっている」まで出ました --
  • 町の金持ちが落とす金貨は、1回2Gづつ。 --
  • 町の金持ち7Gドロップ確認 --
  • 町の金持ちは1Gやたまに4Gもあり。一晩一緒にいればちょっとしたバイト代くらいのお金が拾えます。 -- 藍苺(*‘ω‘ *)
  • デルの髪の毛の色はサーモンピンクだと思いますが・・・サーモンピンクエルフ専用の髪の色だったような・・・ --
  • オスラの目の色はアズディープグリーンでした。 --
  • アイディンの好感度は「親しげ…」が限界? --
  • なにげにオスラは武具の改造ができなかったりします。専用改造だけでなく一般改造も。 --
  • デルは下着セットが喜ばれる用です。とても喜んでもらえました。 --
  • エレノア更新。クマ、ウサギとも他のプレゼントとは違う反応をします。 --
  • ↑「かなり気に入っているようだ」まで検証済み。 --
  • ガルビンに花束をプレゼントしたらかなり喜ばれました (^^) --
  • クレイグとティロンってホモくさいよねアッー! --
  • ルアに林檎はあげられたが、チョコレートが何故かあげられないorz --
  • ↑連続ではあげれませんよ --
  • ↑の者です。1出現に1回プレゼントができます --
名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

合計: -
今日: - /昨日: -







中の人たち~
アイテムについて~
分類名考察中
&recent10
javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。