装備 > 熟練度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

装備/熟練度


年齢ごとの熟練度上昇値一覧

年齢 武器/採取道具/楽器 鎧/服
近接攻撃時(%) 遠距離攻撃時(%) 採集時(%) 楽器演奏時(%) 被ダメージ時(%) ディフェンス成功時(%)
10歳 0.6 1.2 2.4 0.3 0.2 3.0
11-12歳 1.2 1.8 2.4 0.3 0.6→0.4? 6.0
13-15歳 1.8 3.0 4.8 0.3 0.9→0.6? 9.0
16-19歳 2.4 3.6 4.8 0.3 1.2→0.8? 12.0
20-24歳 3.0 4.8 7.2 0.6 1.5→1.0? 15.0
25歳- 3.6 5.4 7.2 0.6 1.8→1.2? 18.0
  • ワンド装備時の熟練度上昇は魔法使用・ヒーリング・殴るどちらの場合でも上記の表の近接攻撃と同じ
  • 採集用道具使用時の熟練度上昇は採集の成否は問われない。しかし、この上昇値は採集用道具で採集を行った場合のみ適用される。
  • 鎧/服の自然に貯まる熟練%は300秒(5分)毎に被ダメージ一発分(要検証)
  • 6/8?のアップデートで被ダメージ時の熟練上昇、装備放置時の熟練上昇の値が変更されたもよう

ルーナサ(木曜日)の年齢ごとの熟練度上昇値一覧

年齢 武器/採取道具/楽器 鎧/服
近接攻撃時(%) 遠距離攻撃時(%) 採集時(%) 楽器演奏時(%) 被ダメージ時(%) ディフェンス成功時(%)
10歳 0.6 1.2 2.8 0.3 0.2 3.0
11-12歳 1.4 2.1 2.8 0.3 0.4 7.2
13-15歳 2.1 3.6 5.7 0.3 0.7 10.8
16-19歳 2.8 4.3 5.7 0.9
20-24歳 3.6 5.7 8.6 0.7
25歳- 4.3 6.4 8.6 0.7 1.4 21.6
  • どうやら木曜効果は熟練度2割増し(小数点第二位以下切り捨て)の模様。

熟練度について

各種装備品の習熟度合いを表す経験値。

武器や防具などの装備品は、使用することにより耐久が減少していく反面、熟練度が蓄積されていく。 また、何もしない状態でも時間経過でほんの少しずつ耐久が減少(自然消耗)し、熟練度が蓄積されていく。(耐久自然減少を参照)

但し耐久が0の時(及び次で耐久が0になる最後の一振り)は熟練は貯まらず、補助装備(背面に回している右手/左手装備)も基本的に自然消耗しない。

使用/消耗により蓄積する熟練度は年齢が高いほど多くなる。(耐久の減少量は年齢の影響を受けない)

熟練度は、()内のパーセンテージが100貯まるごとに1上昇する。 貯まった熟練度を消費することで、アイテムの改造を行うことができる。

なお、熟練度は100(100.0%)を超えて貯めることはできない。 (最大まで貯めた場合、表示では「100(100.0%)」となり、実際には熟練度101相当分となる。) また、熟練度はその装備に対する経験であり、過去の使用経験は反映されない。 (過去に同等品を使っていても、新規購入/ドロップ品の熟練度は0。露天売りはこの限りではない)

  • 武器の熟練度
    • モンスター(WEAK以上)を攻撃することにより、一振り毎に熟練度が上昇。
    • 敵が強くても上昇値は一定だが、WEAKESTの敵は攻撃しても熟練は貯まらない(耐久は減少)。
    • 木や看板などの設置物を叩いても熟練度は得られない。(耐久も減少しない)
    • アリーナ敷地内では熟練度は上昇しない。(耐久は減る)
    • 範囲攻撃などの巻き込みをして複数の敵を攻撃しても1回分のみ増える。

ウィンドミル・スマッシュ・マグナムショット・アタックによる巻き込み

  • カウンターでは武器の熟練度が増えて防具の熟練度は増えない。
  • 採集行為(羊の毛狩り、薪切り等)や加工(革紐作り等)でも熟練は上昇するが

攻撃するよりも熟練の上昇に対して耐久の減少が多く設定されている。 インベントリの関係上どうしても、というのでない限り、専用の採集用装備を使用したほうが良い。

  • 専用の採集用道具以外で採取した場合、熟練度上昇値は1/8に低下する。

革紐の加工は、どの刃物を用いても、熟練度上昇値は1/8に低下する。 *1 (1/8=2006.08.03のupdateより前の上昇値と同じ)

  • 二刀流状態の熟練度増加について。
    • アタック時は左手から交互に攻撃し、それぞれ攻撃した分だけ熟練増加&耐久減少する。

よって左手武器の方が攻撃機会が多い分熟練が貯まり易いといえる。 (左手武器の一振りだけで倒せる敵を延々とアタックで倒すと、左手だけ熟練増加&耐久減少)

  • スキル攻撃は両手の熟練増加&耐久減少になる。
  • 採取・製作は右手のみの熟練増加&耐久減少。

(例:左手にDEXアップ装備をつけて製作など。)(右手が木刀だと毛狩り不可)

  • 防具の熟練度
    • 近接、弓、魔法、スキル等の受けた攻撃の種類、およびディフェンスの成否等とは無関係に、

モンスターからの攻撃でダメージを受けた際に上昇。 ※ダメージを受けないカウンターでは上がらない。(攻撃として扱われて武器だけ上がる。)

  • アリーナ敷地内では熟練度は上昇しない。(耐久は減る。)
  • 1回の攻撃で 装備中のアイテム 1つのみ に影響があるので、

余計な装備を外した状態の方が早く熟練度が貯まる。

  • 敵の強さは無関係で、武器とは異なりWEAKESTの敵から攻撃を受けても熟練は貯まる。
  • 鎧の耐久は祝福がかかった状態でおよそ120〜130打受けることで耐久が1減少。(別途、自然消耗もある。)
  • 盾の熟練は盾を装備した状態でディフェンスを使用してディフェンス成功した場合により多く貯まる。

この時、鎧には熟練度は貯まらない。(防御時の耐久の減り方は鎧と同じ。)

装備の種類による熟練度の扱い

  • 熟練度を貯めてアップグレードなどが出来る装備

アップグレードが0/0のものは熟練が貯まりません。 生産用道具の一部(裁縫キット等)は、熟練は貯まるものの改造できない品も存在します。 一部の装備では改造するNPCが存在しないまたは判明していないことがあります。

  • 鎧、服、盾
  • 武器、採集道具、楽器
  • 熟練度がたまらない装備
    • 兜、帽子、グローブ、靴、ローブ、アクセサリ
    • 一部の採取道具、生産用道具

熟練度狩り関連

  • 前提条件
    • 25歳以上が望ましい。(また、メインに使うキャラとは別に用意すると常に利用しやすい。)
    • 熟練度上げだけが目的ならスキルを少なくして戦闘力を出来るだけ上げないようにする。

但しスタミナ(メイキングマスタリーで上昇)はある程度必要。 武器に関する熟練では、クリティカルを覚えない方が楽になることが多い。(AIリセットや片手のみ上がりすぎる。)

  • 上記が味気ないと感じる人は、スキルとレベルを上げて鍛えまくり実戦を繰り返すのも良いだろう。

(但し高年齢を維持するなら転生はできない。)

  • 防具の熟練は相手の強さによらない為、防御・保護を高くしライフが多い状態でも可能。

盾の熟練度溜めにはディフェンス必須。 防具は熟練度をためる部位以外の装備をはずした方が増えやすい。

  • 武器
    • 近距離:採集用以外
      • 熟練度をギリギリ得ることが出来る強さ:weak以上のモンスターの中で最弱のものなどが標的。
      • アタック1セットで倒せる相手なら、自動戦闘でも倒していけるので効率がよい。

レア等のドロップ品を狙いつつ狩るのも一興。

  • 二刀流実装・鈍器二本流・ナックル等により自動戦闘のみで倒せる対象の幅も広がってきている。

狩場の種類も増え続けている。 *2

  • 採集用
    • 採集用道具で用途に合うものを採集・製作した場合、多めに熟練度が増えるが耐久も減りやすい。

通常攻撃をした方が早い場合もある。

  • 枯渇した鉱山や羊・木・畑などからの採集でも熟練度だけは貯まる。当然収穫は皆無。
  • 遠距離:弓・ワンド(エルフ推奨)
    • ゾンビ狙い。マナやスタミナに余裕を持たせておけば休憩もしながら安全に可能。

ワンドを装備してアイスボルト、弓を装備してレンジアタックを連続使用になるので 近づかれないように距離をとりながら戦ったり、障害物の影からずらして攻撃するなど。 他の人の狩りの邪魔にならないよう、場所は選ぼう。(ドウガルの隣に放置などはしない事。) 弓は矢がなくなると自動で武器を交代してアタックを試行するので、弓を2本装備しておくとよい。

  • 土曜日まで待てない、エルフをあの世まで持っていけないという人には食虫植物をお勧めします。

食虫植物はダウン、ノックバックをしないのでゾンビと同様自動戦闘で放置できますが、 MS3ではないので倒してしまったらターゲットを変えないといけません。 また攻撃範囲が広く、LBも使うので距離を置かないと放置できません。

  • 遠距離:ワンド
    • ワンドの種類に関わらずヒーリングでも熟練度は貯まる。対象のHPが実際に回復したかどうかも無判定。

弓と違って狩りをしないでも上げやすく安全である。 昼間にマナトンネルのそばにいるとマナが多量に回復していくのでヒーリングをキャラクターに使い続ける。 (自分にヒールをするとスタミナが減るが、ライフが全快している状態では減らないですむ。)

  • 防具
    • 服・鎧
      • 弱いミミックやネズミなど複数を倒さないように攻撃しておき、反撃を受け続ける。

ある程度のライフの量と防御があればペットのヒールなどで維持できる。 ペットでの熟練上げ補助なども参照。雷犬で大幅に楽になる。 ファイナルヒットの利用:複数のネズミなどから攻撃されている間に使用すると効果中に回数が増える。微量

  • 単にログインしたままキャラを放置し自然消耗を待つ方法もあるが、時間は非常にかかる。

ついでに釣りをすれば釣果も得られて一石二鳥。

    • ディフェンスを成功することで増加するので、ディフェンスランクが低いキャラで防御を連打する。

モンスター単体から攻撃される方が安定するので、アタック頻度が多いコウモリやネズミなどを対象に防戦する。


名前:
コメント:

コメントフォーム


名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

合計: -
今日: - /昨日: -







中の人たち~
アイテムについて~
分類名考察中
&recent10
javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。