※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • PhantasmagoriaはNEVER~よりMoonlight Revivalのほうがお勧め。
    ただ歌詞が少し薄っぺらいかも。神歌のお陰でネタバンドに見られがち。

  • 神歌収録DVDの四次元友好条約なんかどうでしょう。(※神歌が入ってるDVDは関西制圧/四次元に入ってるのは無音の映像だけ。しかも全部じゃなくて一部)
    もしくは、1stマキシMoonlightRevival
    NEVER~は神歌好きには向かないかも。

  • Phantasmagoriaは曲によってメロディアスなものとそうでないものがあるので、
    一概にいいとは言えません。昔のコテが好きなら大丈夫。

  • 孫には基本的にノリの規制はないです。
    咲いてる人は咲いてるし、拳を上げてる人もいる。
    戮のノせ方が上手いので、客の一体感はなかなかなんじゃないかなと。
    あと振りが多いけど、戮を見てればだいたい分かります(「Actuate Eden」以外)
    ライブで一番盛り上がる「神歌」のときは、その曲で暴れたいがために他盤ファンも多数突撃してくるので注意が必要。
    MCはコテ系らしくキャラを作った感じだけど、時折ネタっぽく笑いを取るような部分もあり。
    色んな意味で一度見たら忘れられないと思うし、コテ好きなら一気にハマる可能性も高いと思うので、まずはライブに行ってみてください(´∀`)

  • 幻影像は、地下線とは思えないほどw映像のクオリティが高いので買って損はないと思いますよ。個人的には幻影像2がお勧め。
    今度発売される幻影像3にも期待していいと思います。

  • Phantasmagoria「未完成とギルト」
    初期Dir(ガーゼとか)マリスがいけるならいけそう。
    同期かなり鳴らしてるのが特徴かな。
    ただしボーカルは良く言われているように隆一調。
    やってる事はコテ。ノリはコテオサ。

  • 孫の歌唱力は、ガゼが聞けるなら大丈夫だろうが、決して「すげー上手い」レベルではない。孫はインディーならまあ普通。

【公式サイト】
http://under-code.net/artist-phantasmagoria.html
試聴×
解散済み



コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|