※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オルルドでの試合について。

性格による要素

 性格によって試合向きか不向きかがあります。

積極性 =技の選択に影響があります。→高いと積極的に技を使うようになります。
(例えばオルルドで逆転タイム(技ポイント2倍→試合時間のカウントが30を切った時)に思い切って大技を繰り出す等)
勤勉さ =攻守選択に影響があります。→高いと守備中心になります。
優しさ =間合いに影響があります。→高いと攻撃の時あまり踏み込みません。
 低いと相手の隙を突いてすぐ技を出したり、 より近付いて高ポイントを狙ったりします。

最も試合に有利な性格は積極性が高く、勤勉さ・優しさが低い、「超ワイルド」な性格です。
(しかし、性格は遺伝要素でもあるので注意しましょう)

技の相性による要素

技には相性があります。じゃんけんのグーチョキパーのような相性です。
剣術>武術>魔術>剣術~
例・剣術技が多い相手には、魔術中心の防御をする、など。
あえて自分の流派ではない技を身につけるのも手です。

3S(スピード・スタミナ・スピリット=武術ステータス)による要素

スピード =主に剣術、格闘術にも影響があります。→高いと自分の攻撃ターンが早く来るようになります。
スタミナ =主に格闘術、魔術にも影響があります。→高いと技を出したときの疲労が少なくなります。
スピリット =主に魔術、剣術にも影響があります。→逆転タイムにこの数値が3Sの各値に加算されます。

疲労とストレス

基本的なことですが、疲労していると技が出せません。
また、ストレスがたまっていると3Sのレベルが低い状態で試合にのぞむことになります。

応援の人数

観客の人数1人につき1ポイントずつ3Sに加算されます。
家族は3ポイント、恋人は10ポイント分になります。

結局のところこれが一番影響する。
ステータスが一回りも二回りも低い相手でも、惨敗することは多々ある。
逆にロードを繰り返せばどんな強敵にも勝てる可能性はあるともいえる。



練習試合について

ランク外のキャラは、夜間にランク外のキャラ同士で練習試合ができる。
練習試合で取ったポイントの分だけ経験値がもらえる。
練習試合の勝敗、回数などは、Dランク入りするための条件には関係がない。
(ランク入り条件は(スピード、スタミナ、スピリット)÷3+仕事ポイント)
また、勝敗も戦歴に記録はされない。