※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻略本での詳細解説はなく、実質セーブとリセットを繰り返す作業になってしまうので、ネタバレ扱いの情報だとは思いますが、
統計をとったわけではないですがプルトを長く遊んでいるユーザーの多くは
この教育方針に気を配っていると思われるので、情報の提供として基本的な部分を書いておきます。
(数値的な部分は後半、反転で隠します)


教育方針とは

毎年5日に評議会館で行われる会議で、その年の教育方針が決定されています。
この教育方針は学校に通う子供の「性格」に影響します。
なお、学校に通うのはもともと「勤勉さ」が高い子供のみで、学校に通わない子は変わりません。

性格は「積極性」「勤勉さ」「優しさ」の3要素でできていて、細かい数値は隠しパラメーターとなっています。

「活発に」………積極的になるよう教育しますが、勤勉さ、優しさが下がります。
「まじめに」……勤勉になるよう教育しますが、積極性、優しさが下がります。
「人に優しく」…優しくなるよう教育しますが、積極性、勤勉さが下がります。
「意地悪く」……勤勉さ、優しさが下がるよう教育してしまいます。(積極性は変わらず)

意地悪く、にはほとんどメリットがありません。
めったに提案されず、また提案されても多数決で否決になることも多いですが
まれに決まることがあるので、ここだけでも注意した方がいいでしょう。

お弁当を持っていく意味

授業終了の1時間ごとに、スピード、スタミナ、スピリットに経験値がもらえますが、
訓練効果があるアイテムをお弁当にしていると、その分だけ経験値が多くもらえます。
(例・スピード訓練効果のあるカビチーネを持っていけば、スピード経験値が通常より増える)

また、スピード=積極性、スタミナ=勤勉さ、スピリット=優しさの教育方針とそれぞれ対応していて、
性格にも変動があります。
(例・カビチーネなら積極性なので「活発に」と同じ効果。積極性が上がるが、勤勉性、優しさが下がる)
基本的に教育方針とは別に加算されますが、全部の訓練効果のあるアイテム(例・ポトフなど)は
アイテム分の性格への効果はなくなります。

効果の高いお弁当を選んで持たせることで、訓練と性格の改善ができるということになります。

もちろん、訓練効果のないお弁当(疲労ストレス回復のみの野菜炒めなど)を持たせても無意味ということはなく
疲労やストレス回復自体はしますし、アイテムを食べることでわずかに積極性が上がります。
(性格の変動する行動については、性格変化(プルト)ページにあります。)



ここから先の項目は 数値的な詳細データを含みます!  

また、どの教育方針がいいか、どのお弁当がいいか、ということについても書きますが、
それのみをコピーして繰り返してしまうと、他の料理を一切作らなくなったり、
毎月5日にリセット&ロードを強要されているかのような作業感などを感じて
ゲームが面白くなくなってしまう可能性もあります。
あくまで参考の一つとしてご覧下さい。






(ネタバレ回避用スペース)










どの教育方針とお弁当がいいの?


結論から言うと、「まじめに」「人に優しく」を毎年交互に。
お弁当は「まじめに」ならスピリット訓練効果、「人に優しく」ならスタミナ訓練効果のあるもの、
という組み合わせで「勤勉で優しい性格」に導くのが一般的です。

ただしPSP版の防御バグ疑惑のせいで、勤勉で優しいキャラは、より試合に勝ちづらくなっています。

教育方針とお弁当での性格変動値

■基本の数値(何も持たない)
反転は見にくいかも。修正するかも?
結果としてプラスになる部分を彩色。
方針 積極性 勤勉性 優しさ
まじめに -5 10 -5
人に優しく -5 -5 10
活発に 10 -5 -5
意地悪く 0 -10 -10

■お弁当を持った状態の表
まじめに お弁当訓練効果 積極性 勤勉性 優しさ
スタミナ -9 20 -10
スピリット -9 5 5
スピード 6 5 -10
スピード・スピリット 1 0 0
全効果or効果なし -4 10 -5
何も持たない -5 10 -5

スピード・スピリットのみ、「勤勉さ以外を下げる教育方針」と「勤勉さ以外を上げるアイテム効果」でほぼ相殺。

人に優しく お弁当訓練効果 積極性 勤勉性 優しさ
スタミナ -9 5 5
スピリット -9 -10 20
スピード 6 -10 5
スピード・スピリット 1 -15 15
全効果or効果なし -4 -5 10
何も持たない -5 -5 10

活発に お弁当訓練効果 積極性 勤勉性 優しさ
スタミナ 6 5 -10
スピリット 6 -10 5
スピード 21 -10 -10
スピード・スピリット 16 -15 0
全効果or効果なし 11 -5 -5
何も持たない 10 -5 -5

意地悪くの検証はまだやってないです。

テストによる性格変動値

積極性 勤勉性 優しさ
正解 30 0 0
不正解 -10 0 0

積極性のみ変化します。教育方針は無関係のようです。
解答後(○×を上げている間)に他人に話しかけられると、性格変化が起こりません。


お弁当の渡し方

★推敲予定部分★
朝1刻過ぎてから、値段の安い順から4つ渡す

14日(テスト)、27日(社会見学)はお弁当を使わないため持たせても意味はない。


なぜ教育方針の管理が必要か?

一定の教育方針を繰り返すと、いずれ同じ性格ばかりになってしまいつまらないと思うかもしれませんが、
実際には教育方針で影響させられる子供は、学校に通う子供=勤勉な子供だけです。

そして、学校に通っていても「活発に」「人に優しく」「意地悪く」が可決されると
せっかくあった勤勉さもどんどん下がっていき、最終的には勤勉さのない成人ばかりになってしまいます。
また、積極性の高いキャラは仕事より訓練を優先し、仕事をせず水を飲むのでこちらも勤勉性が下がっていきます。

勤勉さのないキャラ同士が結婚しても、子供は親の性格を継ぐのでまじめな子は産まれません。
ふまじめな子は学校に通わないので性格が変わりません。
そしてその子供が成人し…というループで、「勤勉でない国」がすぐに出来上がってしまいます。

どうせ国民の性格が一定方向に流れるのなら、勤勉さをキープしておく方が何かといい、ということだと思われます。
PCの子供らにも影響するので、引き継いだときに勤勉で仕事が速いほうがいい、とか、
配偶者候補の相手の性格をなるべく良いものにしたいなどという理由もあります。

教育方針を放置していたらどうなる?

数年ではそれほど変化はないですが、最終的には「積極的でふまじめで冷たい性格」のキャラであふれます。
試合に勝つと積極的で冷たくなり、積極的だと仕事を優先しなくなり勤勉さが下がるためです。
その性格はプルトでいうと「超ワイルド」という名前なので、「ワイルダーだらけの国」などと言います。
教育方針での性格変化の詳しい情報がなかった当時、多くのプレイヤーが陥ったと思われます。