※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プルトの子供に関してです。

学舎について

 子供が3才になった翌年から、ギタの学舎(学校)で授業が始まります。

 授業を受けることで経験値や授業ポイントが入りますが、もともと勤勉さの高い子供しか授業を受けません。
勤勉でない子供も朝ちゃんと家を出ますが、学校の中に入っても授業を受けていないのです。
(学校内の「生徒ランキング」で授業ポイントを見るとわかります。)

 また、毎年5日に行われる評議会館での会議で教育方針を決めており、
授業を受けることでその方針に従い性格が変化します。

 授業は四時間あり、一時間終了ごとに調理済みアイテム(お弁当)を1つ自動で食べます。
もらえる経験値を多くしたり、性格の変動にかかわるお弁当もあります。
上記の教育方針とあわせて、お弁当と教育方針ページを参考にしてください。

授業スケジュール

基本的に休日は成人と同じです。
3~4、6~9、11~13、16~19、21~24、26日の計18日間授業があります。
他、授業ポイントは入りませんが、テスト、社会見学のイベントがあります。

3日、4日は前年度の教育方針を引き継いでいます。
6日から、新しい教育方針が適応されます。(6日~翌年4日までが同じ教育方針)

14日=テストの日。(お弁当を消費しません)
    PCであってもオートプレイになり、自分で解答することが出来ません。
    4題出題されます。★推敲部分★
27日=社会見学の日。(お弁当を消費しません)
   各ウルグを回ります。★推敲部分★

授業ポイント

 授業を頭から受ける(授業開始の礼をする場面からいる)と、一時間につき2ポイントもらえます。
開始時間に間に合わず途中から教室に入った場合、1ポイントになります。

 成人してウルグに所属するとき、仕事ポイントに加算されます。
理論値は18日×4時間×2ポイント×3年間ですが
NPCの場合、家族の試合の応援に行ったり、友人と遊びに出かけたりするので
まじめな子でも300台後半のポイントになることが多いです。

 3年間を通し、一番多く通算授業ポイントをもらった子供は、成人時に「知識のメダル」をもらえます。
(ちなみに同級生がいない場合は、仮に授業ポイントが0でもその学年のトップとしてもらえてしまいます)

将来何になりたいか(親から話しかけられたor話しかけた場合)

子供の性格が・・・
 積極性が高い   ショルグ長   積極性が低い   ミスタープルト、ミスプルト 
 勤勉さが高い   ウルグ長   勤勉さが低い   イム 
 優しさが高い   お父さん(お母さん)みたいな人   優しさが低い   議長 

 キャラごとにどの性格要素を見るかで変わる。
例・積極性を参照している子供なら「ショルグ長」が夢になり、
積極性の変化がなければ性格名が変わっても夢は変わらない。
積極性が減ると夢が「ミスター(ミス)プルト」になる。

 性格が「いい子」なら、積極性が低いので「ミスタープルト」、勤勉なので「ウルグ長」、
優しいので「お父さんみたいな人」の3つのうちいずれかを夢にするので、
全く同じ性格の子供(兄弟同士)でも、違う夢を言うこともある。

 子供キャラで他の国に移住すると、元の国で参照していた性格要素と違う要素になる(夢が変わる)こともある。

何を勉強すればいいか(子供から話しかけられたor話しかけた場合)

親の性格が・・・
 積極性が高い   武術   積極性が低い   この国の歴史 
 勤勉さが高い   ウルグ   勤勉さが低い   勉強しなくても大丈夫 
 優しさが高い   ワクト教   優しさが低い   勉強よりも訓練が大事 

 これも子供と同様にキャラごとにどの性格要素を見るかで変わる。
例・積極性を参照している親なら「武術のことを勉強しなさい」と言い、
積極性の変化がなければ性格名が変わっても言うことは変わらない。
積極性が減ると言うことが「この国の歴史について...」になる。

性格が「信心深い」なら、積極性が低いので「この国の歴史」、勤勉なので「ウルグ」、
優しいので「ワクト教」の3つのうちいずれかをいうので、
全く同じ性格の両親(親同士)でも、違う事を言うこともある。