その他コマンド、シェルスクリプトとは?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Linuxでよく使うコマンド一覧

  1. コラム
  2. よく使うコマンドまとめ
  3. リダイレクトとパイプについて
  4. よく使うコマンド詳細


コラム

  • カレントディレクトリ:現在作業中のディレクトリ
  • 絶対パス:rootディレクトリから見たパス /home/user/Desktop
  • 相対パス:カレントディレクトリから見たパス
例:カレントディレクトリが/home/user/Desktopで、Desktop以下にhoge.txtがあり、viで開きたい 
相対パス:vi hoge.txt
絶対パス:vi /home/user/Desktop/hoge.txt


よく使うコマンドまとめ

  1. lsコマンド:一覧表示
  2. cdコマンド:ディレクトリ移動
  3. pwdコマンド:カレントディレクトリ(現在いる場所)の表示
  4. mkdirコマンド:ディレクトリの作成コマンド
  5. rmコマンド:ディレクトリやファイルの削除コマンド
  6. cpコマンド:コピーコマンド
  7. mvコマンド:移動、名前変更コマンド
  8. moreコマンド:ファイルの中身の表示コマンド(一定ずつ)
  9. catコマンド:ファイルの中身の表示コマンド(一度に)
  10. viコマンド:ファイルの中身の編集コマンド
  11. findコマンド:ファイルとディレクトリを検索するコマンド



リダイレクト

  • 「>」や「>>]のこと
  • キーボードから標準入力されたコマンドの処理結果は、通常では画面へ標準出力される
  • その標準出力を画面の代わりにファイルへ出力させる(リダイレクション)
  • つまり、コマンドの実行結果をファイルへ出力することが出来る
  • 「>」だけでは、結果を上書きでリダイレクトし、「>>」では結果を末尾に追加する
例:
1.cal > thisday :カレンダーをthisdayファイルに出力
2.date >> thisday :今日の日付を、thisdayファイルに追加出力
3.cal > thisday:今までのカレンダーやdateの結果を上書きし、新たにカレンダーを表示する

パイプ

  • 「|」のこと
  • コマンドの処理結果をコマンドに受け渡す
例:
ifconfig | more :ifconfigの結果をmoreで見る
ps ax | grep terminal:ps(プロセス)を表示した結果をgrepにてファイル検索でterminalが含まれるものを探す
※動いているプロセスを探すことが出来る


よく使うコマンド詳細

1. lsコマンド
ls: ファイル一覧を表示する
オプション
-a:隠しファイルを含むすべてを表示する
-d:指定したディレクトリ自身の情報を表示する
-l:ファイルの詳細を表示する
使用例
ls -la :ファイルの詳細を表示する

2. cdコマンド
cd: ディレクトリを移動する
オプション
-a:隠しファイルを含むすべてを表示する
-d:指定したディレクトリ自身の情報を表示する
-l:ファイルの詳細を表示する
使用例
cd .. :一つ前のディレクトリに戻る
cd  :ホームディレクトリに戻る

3. pwdコマンド
pwd: 現在のディレクトリ位置を表示する

4. mkdirコマンド
mkdir: ディレクトリを作成する
使用例
mkdir hoge:hogeディレクトリを作成する

5.rmコマンド
rm:ファイル、ディレクトリを削除する
オプション
-r:ディレクトリごと削除する
-i:ファイル削除前に問い合わせる
-v:処理内容を表示する
使用例
rm -i piyo:piyoファイルを事前に確認してから削除する
rm -r hoge:hogeディレクトリを確認せずに削除する

6.cpコマンド
cp:ファイルをコピーする
使用例
cp hoge piyo:カレントディレクトリのhogeをコピーして、新たにpiyoを作成する
cp hoge /home/piyo:カレントディレクトリのhogeを、/home/piyo(絶対パス)の位置にコピーする

7.mvコマンド
mv:ファイル移動、名前変更
オプション
-i:上書き前に確認する
-f:同名ファイルでも確認作業をせずに上書きする
使用例
mv hoge piyo:カレントディレクトリのhogeをpiyoに名前変更する
mv hoge /home/piyo:/home/piyoにカレントディレクトリのhogeを移動する

8.moreコマンド
more:ファイルの中身を表示する。長いファイルの場合、画面ごとに区切って表示する
使用例
more piyo.txt:カレントディレクトリにあるpiyo.txtを表示する

9.catコマンド
cat:ファイルの中身を表示する
オプション:
-b:空白行を含めずに行番号と共に表示する
-n:空白行を含めて行番号と共に表示する

10.viコマンド
vi:ファイルの中身を編集する
使用例
vi piyo.txt:piyo.txtを編集する

11.findコマンド
find:ファイルやディレクトリを検索する
オプション
-name [file name]:指定したファイル名を検索
-user [user name]:指定したユーザ名が作成したファイルを検索
使用例
find /home/Desktop -name hoge.txt :/home/Desktop以下から探索を開始して、『home.txt』を探す