重要なディレクトリ紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重要なディレクトリ紹介

  1. カレントディレクトリにあるディレクトリ一覧


カレントディレクトリにあるディレクトリ一覧


/boot:ブート時に利用するデータを保存されている。Linux標準で入っているgrubなどの設定ファファイルも入っている。
/bin:コマンドが保存されている。
/dev:デバイスファイルが入っている。
/etc:色々な設定ファイルが入っている。
/home:各ユーザのホームディレクトリが入っている。
/lib:システムのライブラリファイルが入っている。
/mnt:ファイルマウントを利用する時に使う。
/media:cdromなどをマウントする時に利用する。
/opt:aptやyumなどのパッケージシステムで導入したものが入っている。
/root:rootのホームディレクトリ
/sbin:rootが利用するコマンドが保存されている。
/srv:HTTPやFTPのサービスのデータが保存されている。
/tmp:一時ファイルを保存するときに使う。リブート時には中身が全て削除される。
/sys:デバイス情報が入っている。
/usr:各ユーザ向けのディレクトリ
/var:変化していく一時ファイルを保存する。リブートしても中身は消えない。