※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨年の冬頃から熊井は、自分が、勃起不全(impotence)
なのではないかといった不安を抱えはじめた。
妻の茉麻への愛情は変わらないはずなのに、床を共にすると
不思議な感覚ではあるが、途端に情欲の入れ所を忘れてしまうのだ。
茉麻が夫を誘いにかける日の夜は、香の匂いが寝室を漂う。
恐らくは、夫婦の途絶えた営みを再開する試みに違いないが、
応えられる見込みのない熊井にとって、それは苦痛でしかなかった。
妻のほうは、今すぐにでも豊沃な肉体を夫の身体に重ね合わせ、
気持ちを確かめたいのに、相手の視線はよそを向いてしまっている。
―――いっそ無理矢理のしかかってしまおうか、といった感情も湧いて、
既に寝入った夫の指を、肉厚の唇に咥えてしゃぶる夜もあった。
慰めも空しいまま、半年もの間、ふたりが交わる機会は訪れなかった。

そんな折、熊井は同社の友人の有原から、バーで女性を紹介された。
有原が取引先で知り合った社員という触れ込みの彼女は、
桃子と名乗り、質素な出立に黒髪を艶めかせていた。
魅力的ではあるが、有原が自分とこの女をひきあわせた理由がわからなかった熊井は、
桃子が有原の世話を焼く姿や、会話の端々でこちらに視線を絡めようとする様子を観察した。
小動物みたく、ちょこまかと行動する桃子に、熊井は、茉麻とは真逆の性質を見出していた。
「部長さんなんですか!」
「意外?」と、熊井は桃子の甲高い声に合わせず、悪戯っぽく返した。
「じゃあ~、あだ名はくまいちょーさんで」
桃子の思いがけない切り返しには有原も驚いたようであった。
熊井は笑いながらワインを口にして、腕時計を見た。
「なんだ、お店寄っていかないの?」有原が尋ねた。
「かみさん待ってるから。悪いね。二人は俺なんか気にせずどうぞ」
熊井は手刀を作って席を立った。
別れ際に有原が熊井を呼び止めて、桃子の連絡を渡した。
だが、熊井はまた会うつもりがなかったので、紙くずを丸めて捨てようと思った。