※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夫から外食で済ますとの連絡を受けたので、茉麻の拵えた夕餉は3人前。
熊井との間に儲けられた2人の娘が、食卓からキッチンを窺っている。
やがて茉麻が、片手に一枚ずつ、スパゲッティを乗せた皿を運んで来ると、
母の手料理を待ち焦がれていた娘達が群がった。
残る自分の皿をテーブルに置き、茉麻はスパゲッティを頬張る娘達を眺めた。
「美味しい?」という茉麻の問いかけに対して、娘達は揃って頷いて見せた。
好み通りに作ったのだから解りきっていたことなのに、茉麻は安堵した。
「ママ?」
唐突に、長女の梨沙子が茉麻を呼んだ。
「はやく食べないとスパゲッティさめちゃう」
「あ、そうね、ありがと」
姉が笑うから妹の舞もつられて笑い声をあげた。
一方の茉麻は、手料理を喜ばれた安堵に潜む違和感を察した。
茉麻は、梨沙子に名を呼ばれるまで、脳裡に彷徨うあらぬ光景、
というよりは過去に浴していた感触を味わっていたのだ、無意識の内に。
ほんの刹那、梨沙子の口が女陰を模り、梨沙子の口をめがけて昇る麺のうねりが
夫の長い指と視え、フォークを掴む白くか細い五指は乱れ動く自らの肢体と思え、
食堂へ麺が流れて行く音に、乳房を吸う夫の舌触りを想った。
我が娘の身に、夫との営みを想起してしまう、己の浅ましさににゾッとする茉麻ではあったが、
いまだ張りも艶もある皮膚の奥から膨れ上がってくる肉欲を、これ以上意識しないではいられなかった。
起伏なき幸福が、女の性的な機能を妄想へ移譲していたのだ。