※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バーを出るなり紙を握りつぶそうとしていた熊井を、背後から特徴ある声が呼びとめた。
「待って、ごめんなさい」
振り向く熊井。桃子が必死の形相で駆けてくる。
あまりにも急ぎ過ぎるから、桃子はつんのめって転んだ。
助け起こす熊井。桃子は尚も縋りついた。
「どうしたの?」
「怒らないで聞いて下さいね」
そう断ったのち、息を整えつつ桃子は説明を始めた。
「わたし、本当は会社員なんかじゃないんです。全部、仕組んだことで……その、
実はクラブに勤めてるんですが、水商売の人間とはお会いしていただけないんじゃないかと思って、
常連の有原さんに協力していただいたんです」
「有原が常連?」
「いつも中島さんとご一緒に来店されます」
「ふうん。それで、どうして会いたいと?」
「中島さんの携帯にくまいちょー、いえ、熊井さんが写っているお写真を拝見して、
その、ひ、ひとめぼれ、を……奥さまがいらっしゃることはわかっていますし、
ただお顔を直接拝見してみたかっただけだったんです。
でもやっぱり騙しているのには変わらなくて。本当にごめんなさい」
「そう。本当のことを話してくれてありがとう」
素っ気なく返事をすると、熊井は捕まえたタクシィへ乗り込もうとしたが、
不意に横から張り出して来た桃子の唇は避けきれなかった。
尖りのある真に迫った感触が、熊井の神経を隙間から刺激した。
「困るよ」
熊井は、動揺を隠せないまま、桃子を振り切るようにタクシィを発車させた。
あとで桃子の連絡先を記した紙を捨て忘れたことに気づいたので、車の窓から投げてやった。
丸めた紙は、一瞬だけ螺旋を描いて舞い上がり、道路を跳ねていった。