※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茉麻には日課があった。
身体を湯に首まで浸からせてから、両脚を前方に向かって突き出す動作。
でっぷりと膏を蓄えた臀部を両手で支える事が重要だ。
沈むか沈まないかの境で、息を吐くたび唇が上下し、熱気が呼吸器を占拠する。
10分も続けていれば圧迫感を覚え、やがて意識は朦朧とする。
そうなってくると、茉麻はさっと浴槽を飛び出し、脱衣所の籠に手を突っ込み、
敢えて洗わないまま二三日保存していた熊井の下着を鷲掴みに、己の顔面へ叩きつける。
死の淵から生還した瞬間の、研ぎ澄まされた五感で、汗や尿のすえたにおいを貪るのだ。
熱で支配されていた呼吸器に、排泄された体液の残り香が駆け巡る。
僅かに痙攣を覚えながら、茉麻のささやかな愉悦は幕を下ろした。
茉麻は、我に返ると、誰か見ていないか周囲を確認し、湯船へ戻った。

午後11時頃、熊井が帰宅した。