※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シャワーから放たれた湯が排水溝まで川を作っている。
浴槽には、まだ、熊井の為に残されていた、再び沸される事の無い水が張っている。
誰の物か判らない縮れ毛が沈殿しているのが見えた。それを手で掬いながら、
熊井は、事に運べそうな意欲の高まりを、確かに肌で感じていた。
情けないが、桃子から帰り掛けにされたキスが、思いの外、身心へ刺激を及ぼしたのだ。
謂わばカンフル剤となったアクシデントへ、感謝を捧げる様に、指に絡まった縮れ毛を流した。
浴室を出る。脱衣所で身体を拭き終えるまで、熊井は考えていた。
何故、出来なくなってしまったのか。別に夫婦関係の義務感から已むを得ずしてきた訳でも、
妻の魅力が衰えたとか言う訳でもなく、むしろ、官能的願望は弥増すばかりなのだ。
だからこそ、熊井は、果たす事も受け取る事も叶わぬ現状に苦悶していた。
沼地に潜む蛇に似て、密やかで獰猛な陰茎を、満たすべき獲物へ向かわせる為には、
ここは、どうしても、牙を剥いてもらわねばならぬ。という気概で、熊井は右手を揮った。
扱いている内に、蛇は鎌首を擡げて来た。熊井は堪らず興奮しながら、急いで着替えを済ませ、
廊下を抜け、我が寝室へ入った。寝間着姿の妻がベッドに腰掛けて髪を梳いていた。
無言のままで、熊井は、妻の櫛を取り上げ、微笑みかけた。
茉麻は、鼻息の荒い夫に当惑と期待を抱きながら、呑まれる様に押し倒された。