※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勤務地へ向かう地下鉄車両内で、熊井は、とある事件に出くわした。
ドア付近に場所をとり、手摺に掴りつつ新聞に目を通していた熊井の耳に、
隣の車両から話し声が聞こえた。どうやら揉め事のようだった。
「やってねえよ」と、如何にも煩わしそうに言い捨てるしょぼくれた声の後、
「この目でハッキリ見ていたんだ」と、衒いも有漏も感ぜられぬ若い声が届く。
やがて駅に到着すると、若い声が再び響き渡る。
「待て!」
下車する乗客群を、白線の内側で巧みに避けながら、小男が自分の前を横切ろうとしたので、
熊井は咄嗟に、左足をプラットホーム側へソッと放り出し、小男を躓かせた。
長い、熊井の脚に引っ掛けられた小男は、無様にも顔面から転倒し、
後を追って来た青年によって取り押さえられた。
「ありがとうございます」
青年は白い歯を見せて熊井を仰いだ。
と同時にドアが閉まり、次の駅へ発車した。