※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼間を無為に過ごすのも口惜しいので、茉麻は部屋べやの掃除を始めた。
嘗て、掃除を日課と決め込んでいた頃は隔世の感。
スッカリ身体の方も鈍ってしまった。
と言っても、3日に一遍はするのだけれど、黒い家具が白くなってしまうのはあっという間だ。
まずはリビング。ウエスや掃除機等で、隈なく、住み家を綺麗に仕上げてゆく。
サイドボードに立てられている、去年の夏に夫の友人である有原や、中島と、熊井一家で
長野へデイキャンプに行った際、撮影した記念写真を懐かしみながら、付着した塵を拭きとった。
次は寝室である。粘着クリーナーに、夫と自分の陰毛が纏わりついている。
思いがけず、茉麻は、昨晩の出来事を再び脳裡へ呼び戻すのだった。
萎えてしまった夫のそれを、口で懸命に慰めても、却って彼を苦しめてしまう。
自分には彼を悦ばす術がない、彼が情愛を吐き出す寄す処とはなれない、……眼に涙液が滲む。
こうして、夫に愁いでいる茉麻ではあったが、多分に自己の欲求不満をも含有していた。
それは、本来の彼が与えてくれる、烈しく貪るでもなく、淡泊に片付けるでもなく、
ゆっくりと脈打つ様な、やがては死に至るであろう豈弟への渇望だ。
彼の気持ちが高まり、向き合って一体となってかたどられる、命を奪う“あぎと”が、
追憶を通して、茉麻の肝臓を啄ばむ大鷲となった。
心に群がる猛禽どもを追い払うつもりで、ベッドの傍の小棚にある、長女が5歳のとき母に呉れた、
ピカチュウのぬいぐるみの埃を払い、次いで、ぬいぐるみの隣の小さな立て時計を見た。
信楽焼の香炉等、有原からは様々な品を贈られているが、茉麻はこれが一番のお気に入りだった。
子供部屋へ入ると、フト茉麻は、先日中間テストのあった事を思い出した。
梨沙子も舞も、あまり見せたがらないが、仕舞っておく場所は解っているので、勝手に確認する。
「舞はまだましだけど、お姉ちゃんはひどい点数ね。名前も間違えてるわ」
我が子達の答案用紙を眺めながら、母は再教育の必要を感じた。