※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

熊井はワインを口内に留め、間を置いてから呑み込んだ。
兎に角も、桃子との話を進めねばならなかった。
「要件を聞こうか」
「ワインだけじゃ難ですし、ブランディも如何?」
「話をしないか」
「こわい。お堅いんですこと」
「望みはなんだ?」
「聞いて下さるの?」
「内容による」
「貴方が私を愛してくれるまで、と申し上げたらどうされます」
「映画に出てくる悪女みたいにはいかない。
俺には妻も子もいるし、至って円満だ。君の入る余地はないよ」
「立川さんはね」
唐突に脱線する桃子の話を、熊井はそのまま聴き続けた。
「こうやってわざと私を他の男性に貸し与えるんですよ。
どうしてかお解り? ……」
恐らく黙っているだろう熊井の答えは待たず、桃子は続けた。
「それは」と、桃子が言い掛けると、急に熊井から言葉を打たれる。
「全部、彼が仕向けている事なのか?」
率直過ぎる、熊井の質問に、考を廻らす桃子。
「ここで私を拒んだら、彼の機嫌を損ねる事だけは確かね。
接待の一環だと思えば楽しいものじゃない? 仲良くしましょ」
桃子は、何処か凛烈な印象を与える微笑を浮かべながら、水割りを含んで見せた。
―――罠に掛けられた動物は、遮二無二噛みつくか、諦めがちに縮こまる。
が、熊井の執った行動は、そのどちらにも属さぬ人間的対処法であった。
「ママ」と、熊井から呼ばれた相手は、着物の女性。
領収書を求めず支払いを済まそうとしている熊井に気づいた桃子は、
「私事にされても立川さんは拘りますよ」と、慌てて口を挿んだ。