※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少しばかり遡る。熊井が歸つてからの、有原と桃子である。
殘つた2人は、料理を胃へ片づける傍ら密談めいたやりとりを交はしてゐた。
「本當にいゝのかな」と桃子が呟くや、有原は訝しげにその顏を覗いた。
「なんだよ、熊井の寫眞を見たときは乘り氣だつたぢやないか」
無機質とも思へる眼差しとは裡腹の、躍動的な口調の有原に面食らひつゝも、
桃子は、苦し紛れの返答を、白ワインに力を借りながら捻り始めた。
「そりや滅多にゐないくらゐ綺麗な男の人だし、してみたいことは確かだけど。……」
しかし有原の方も、不氣味な程の流暢さに任せて、追及するを止める氣配がない。
「彼は男としての自信を失ひかけてゐるんだ。半年以上もしてゐないんだ。
友人としてそんな彼を見過ごすわけには行かない、だからこそ君に頼んだんだよ?
それとも君、今さら良心の呵責でも覺えてるの? らしくない」
「わたしだつて惡魔ぢやないんだから、抵抗感じるに決まつてるぢやない。
他人の家庭を壞してしまふかもしれないんだよ?」
「事態はむしろ逆だよ。桃子。この計畫を成功に導くつて事は、
かへつて家庭崩壞を防ぐチャンスに繋がるんだ。セックスレスは夫婦の絆をも蝕む」
相手の意見を、最後は聞くだけ聞いてから、桃子は、しばらく默つた後、輕く頷いた。
「なかなか手ごはいよ、彼」
溜息混じりの、桃子の一絞りだつた。
「ぢやあ食事を續けようか」かう述べてから、
有原は赤ワインをグラスへ注いだ。滿足げに目を細めながら。