※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕食後、茉麻は次女を部屋に戻してから、長女だけを呼び出した。
リビングテーブルに置かれている煎餅と団子とお茶が、長丁場を臭わせている。
呼ばれた理由を、当の梨沙子も薄々勘付いているようで、ソファに腰掛けたまま凋んでいた。
「本当はパパが帰ってきてから話すつもりでいたんだけど、……」
茉麻は娘の傍へ腰を下ろしながら、答案用紙隠蔽の件は敢えて咎めず、
今後どのような方針で学業を修めてゆくのか、又将来についてどう考えているのか、
といった質問を、5つ6つと並べつつ問題を見つめ直していった。
結果、梨沙子は纏まった考えを有してはいなかったが、成績に関して懸念は抱いていた。
ただ学習塾は希望しておらず、なるべく自分の時間を確保していたいらしく、
解決への道程を遅延させた。が、一先ず土日だけでも家庭教師をつける運びとなり、
矢張り詳しい話は、父親も交えた方が好かろう、と結論付けたのだった。