【地形】
≪山林≫
  • 周囲の森や林、くぼ地に身を隠す
  • 土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
  • 枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
  • 偽装に使う植物はその土地の気候にあったものを選び、定期的に交換する。
  • 森林または雪原の模様をした迷彩服を着る。
  • 偽装用ネットを使う。
  • 皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
  • 歩兵による伏撃が可能
  • 木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 密度の高い森林地の場合、大型の敵はつっかえるため行動の邪魔が出来る
  • 歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
  • 木に登る事で上から攻撃することが出来る
  • 下生えや木の根、木の洞などに身を隠す事で防御効果が期待できる
  • 高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
  • 森林はそこを主戦場とするもの(GPO緑キャラ)にとっては戦いなれた地形であり、夜戦、山岳戦でも地の利はある。
  • 機動力はあまりないが歩兵であれば、この地形でも踏破可能。

[山]

  • 岩石の崩落や雪崩に気を付ける。または、それを利用して防御する

【装備】
≪全般≫
  • 対雪装備や対砂装備を施した靴を使用。速やかに、最小限の労力で移動できるようにする。
  • 豪雪地域用に、裏が鮫肌の「歩く」用のスキー板とストックを装備
  • 北国から豪雪用装備を融通してもらい、全部隊着用。
  • 迷彩服(服のカラーはリバーシブルで。表白、裏迷彩柄)を着用して地域に応じて着替え、隠蔽性を高める。
  • 飲み水や簡易食料を欠かさないこと
  • ヘルメット、戦闘用の靴などの装備用品を武器として利用する。
  • 即席の武器としてシャベルや棒、ロープ、砂や岩を利用する。
  • ナイフやソードなどの刀剣類で突きや斬撃を行う。
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する
  • 武器への迷彩:森、雪原などの地形に応じて武器にカモフラージュペイントを施すことで周囲の背景にとけこんで目立ちにくくなる。

【陣形】
  • 指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
  • 有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る

【体術】
≪全般≫
  • レーザーを防ぐために雪煙や土煙を利用する。
  • 相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
  • 遮蔽物や塹壕、地面のへこみなどを利用して直接敵の攻撃をくらわないようにする
  • 犬部隊は遠吠えで常に情報リンクする事で、敵情報を速やかに伝達し、回避がスムーズにできる。
  • 防御に使える物は全部使い、伏せの可能不可能に関わらず身を限りなく低くする。
  • 敵の射戦に対して、90度に移動するようにする。
  • 接近戦以外ではドラゴンスレイヤーが盾となる。
  • 防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
  • 敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
  • 部隊員と死角を補い合う
  • 力みすぎないよう心がける(動きに柔軟性がなくなるから)
  • 相手の勢いや距離、間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 気を抜かず、最後までしっかり防御に集中する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持する
  • 敵の攻撃を回避する時はただ後ろに下がるのではなく斜め前方か後方に移動して回り込みすぐに反撃できるように体勢を整える。
  • 敵の目の動き(赤い光の動き)から回避動作を選択する
  • 鼻の効く犬に判断を仰ぎながら戦う
  • 視界が不良でも、犬の鼻によって位置情報を連絡してもらうことで、統率の取れた防御動作が可能となる。
  • 敵の挙動をつぶさに観察し、少しでも不審な動きをすればすぐに回避行動を行う
  • 不正規機動(重心を揺らしてふらふらと移動する)で、予測攻撃を防ぐ。


≪対白兵防御≫
  • 相手の攻撃が来た場合、銃や杖、刀など手持ちの装備を使って防御する。
  • 攻撃の軌道を見極め上段・中段・下段の防御を使い分ける。
  • 攻撃を受けても動きが止まらないように受け流す
  • 一度に攻撃されないように一対一を繰り返すように立ち回る

≪対爆発防御≫
  • ドラゴンスレイヤーは犬を爆発攻撃から守る。
  • 敵の爆破系攻撃時には遮蔽物の陰に伏して耐衝撃姿勢を取る
  • (爆破系攻撃に対して)衝撃で鼓膜を破られないように口をあけておく

《対詠唱》
  • ドラゴンスレイヤーは犬部隊を詠唱攻撃から守る。

/*/

SS

遠距離、中距離攻撃系への防御


一組の王と剣、そして6匹の白い犬。
敵地へと進む彼らを、相手が易々と通すはずはない。
攻撃されることははじめからわかっていた。
「攻撃きます!」
「回避行動開始!」
「右にいい感じの遮蔽発見!」
王と剣、しらいし裕と風杜神奈をエスコートするように白い柴犬たちが動く。

「槙さん、あんた14歳の嫁が待ってるんだから死んだらあかんでー」
遮蔽に隠れ、身を低くして攻撃をやりすごす中でささやかれる会話。
「もちろん。帰ったら盛大に結婚式ですよ」
「その前にドクターとの決戦とかがあるんじゃ・・・」
「辻木さんは、僕の味方ですよね」
「・・・え。」
軽口を叩きながら、しかし彼ら白い柴犬=犬アイドレス着用者の鼻は
その鋭い嗅覚で敵の接近を察知するべくひくひくと動いていたし、
その耳はわずかな音でも聞き漏らすまいとピンと立っていた。



わずかに相手の攻撃が途切れた隙をついて、
目をつけていた次の遮蔽まで全員で走り抜ける。

爆発。

一瞬前までいた場所に攻撃が飛んできた。
「危ない!」
爆発の衝撃で飛んでくる欠片を、しらいし祐と風杜神奈が手にした大剣で叩き落した。
「ありがとうございます~」
メスの白柴、支那実が礼を言う。
「いえ。仲間を護るのは当然ですから」
きらーんと輝く大剣。

「みなさん、次の攻撃がきます!」
「これしきの攻撃、耐えてみせますよ」


そう、これを耐えれば反撃の時間だ。


(文:グラジオラス)

/*/

参戦者RP

支那実@よんた藩国 : 「そんな攻撃に当たるほどとろくないもんっ」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……この程度っ!」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……ここは耐え時っ」
支那実@よんた藩国 : 「こっちの物陰に隠れてくださいっ」
支那実@よんた藩国 : 「うがー(自分用に穴掘って隠れます」
支那実@よんた藩国 : 「今をやり過ごせば、次は反撃だよ!いっぱい噛み付くんだからっ」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「ぬぉぉぉぉ!(その隣でさらに穴掘り)」
支那実@よんた藩国 : 「みんな耐えてね」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「今は耐えしのぶときか。」
支那実@よんた藩国 : 「穴掘った後の土の山の陰に隠れてくださいね」
支那実@よんた藩国 : 「王様いるから負けられないんだからっ」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……こんなとこで死ねないっ!」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「(すぐ、移動して、別の穴を掘る。掘る!掘る!)」
支那実@よんた藩国 : 「生きて帰りましょう!」>風杜さん
支那実@よんた藩国 : 「あとで落とし穴になるねっ(穴掘りしつつ」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……はいっ」>支那実さん
辻木 志朗@よんた藩国 : 「この穴に隠れるもよし、敵がはまるもよし。自分が居ると所に来たら、すぐ出て土かけて、目くらましだ」
支那実@よんた藩国 : 「おお。穴の三段活用w 穴掘りは得意だもんねっ」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「掘るのも早いし、埋めもどしも早いよ。我々は。」
支那実@よんた藩国 : 「白柴は小柄だからいいけど、人は大きいから。もっと土積み上げよう」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「了解です!>支那実さん」
支那実@よんた藩国 : 「えいえいっ (がすがす」
支那実@よんた藩国 : 「わー!辻木さん、攻撃くるよっ かくれてーー」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「え?あぶねぇ!!!(穴に入る)」
支那実@よんた藩国 : 「我慢我慢ー」
支那実@よんた藩国 : 「風杜さん、大丈夫ですか??」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「じっと、我慢。じっと、我慢。」
支那実@よんた藩国 : 「くんくん(血の匂いがしないか確認します)」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……大丈夫っ」
支那実@よんた藩国 : 「もうちょっとで反撃ですよ!そこまで我慢ですー」
支那実@よんた藩国 : 「うちのわんこ達も大丈夫・・・(くんくん)みたい」
辻木 志朗@よんた藩国 : 「敵の攻撃だってわりと単調だから、耐えられるぜ。」
支那実@よんた藩国 : 「さぁ、反撃の機会があれば、こっちものんです!そこまで耐えないとね~~」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……護って見せるよ、全部」
支那実@よんた藩国 : 「ホント、単調すぎだよw そんなんでやられるわけないじゃない」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……それが、騎士の役目だから」

応援RP


作成者:
グラジオラス@よんた藩国
槙 昌福 @よんた藩国
支那実@よんた藩国

添付ファイル