作戦

【地形】

≪平原≫

平原なので、部隊展開が容易である
岩や丘がある場合は、その場所を確保。橋頭堡とする。
偽装用ネットを使う。
皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
歩兵による伏撃が可能
凹み地に伏せて衝撃を緩和
密度の高い森林地の場合、大型の敵はつっかえるため行動の邪魔が出来る
歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
機動力はあまりないが歩兵であれば、この地形でも踏破可能

≪山林≫

周囲の森や林、くぼ地に身を隠す
土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
偽装に使う植物はその土地の気候にあったものを選び、定期的に交換する。
森林または雪原の模様をした迷彩服を着る。
偽装用ネットを使う。
皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
歩兵による伏撃が可能
木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
密度の高い森林地の場合、大型の敵はつっかえるため行動の邪魔が出来る
歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
木に登る事で上から攻撃することが出来る
下生えや木の根、木の洞などに身を隠す事で防御効果が期待できる
高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
森林はそこを主戦場とするもの(GPO緑キャラ)にとっては戦いなれた地形であり、夜戦、山岳戦でも地の利はある。
機動力はあまりないが歩兵であれば、この地形でも踏破可能。

[山]
岩石の崩落や雪崩に気を付ける。または、それを利用して防御する


【装備】
≪全般≫

対雪装備や対砂装備を施した靴を使用。速やかに、最小限の労力で移動できるようにする。
豪雪地域用に、裏が鮫肌の「歩く」用のスキー板とストックを装備
北国から豪雪用装備を融通してもらい、全部隊着用。
迷彩服(服のカラーはリバーシブルで。表白、裏迷彩柄)を着用して地域に応じて着替え、隠蔽性を高める。
飲み水や簡易食料を欠かさないこと
ヘルメット、戦闘用の靴などの装備用品を武器として利用する。
即席の武器としてシャベルや棒、ロープ、砂や岩を利用する。
ナイフやソードなどの刀剣類で突きや斬撃を行う。
装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する
武器への迷彩:森、雪原などの地形に応じて武器にカモフラージュペイントを施すことで周囲の背景にとけこんで目立ちにくくなる。


【陣形】

指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る


【体術】
≪全般≫

レーザーを防ぐために雪煙や土煙を利用する。
相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
遮蔽物や塹壕、地面のへこみなどを利用して直接敵の攻撃をくらわないようにする
犬部隊は遠吠えで常に情報リンクする事で、敵情報を速やかに伝達し、回避がスムーズにできる。
防御に使える物は全部使い、伏せの可能不可能に関わらず身を限りなく低くする。
敵の射戦に対して、90度に移動するようにする。
接近戦以外ではドラゴンスレイヤーが盾となる。
防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
部隊員と死角を補い合う
力みすぎないよう心がける(動きに柔軟性がなくなるから)
相手の勢いや距離、間合いを意識する
自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
気を抜かず、最後までしっかり防御に集中する
即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持する
敵の攻撃を回避する時はただ後ろに下がるのではなく斜め前方か後方に移動して回り込みすぐに反撃できるように体勢を整える。
敵の目の動き(赤い光の動き)から回避動作を選択する
鼻の効く犬に判断を仰ぎながら戦う
視界が不良でも、犬の鼻によって位置情報を連絡してもらうことで、統率の取れた防御動作が可能となる。
敵の挙動をつぶさに観察し、少しでも不審な動きをすればすぐに回避行動を行う
不正規機動(重心を揺らしてふらふらと移動する)で、予測攻撃を防ぐ。



≪対白兵防御≫

相手の攻撃が来た場合、銃や杖、刀など手持ちの装備を使って防御する。
攻撃の軌道を見極め上段・中段・下段の防御を使い分ける。
攻撃を受けても動きが止まらないように受け流す
一度に攻撃されないように一対一を繰り返すように立ち回る


≪対爆発防御≫

ドラゴンスレイヤーは犬を爆発攻撃から守る。
敵の爆破系攻撃時には遮蔽物の陰に伏して耐衝撃姿勢を取る
(爆破系攻撃に対して)衝撃で鼓膜を破られないように口をあけておく


《対詠唱》

ドラゴンスレイヤーは犬部隊を詠唱攻撃から守る。


/*/

SS

炎と剣戟

叫びと、怒声

そして耳をつんさくような轟音が戦場を支配している。

戦場音楽が奏でられる中、指揮官のVIZAは冷静に指示を出していた。

「暁部隊!白兵の王の意地をみせろ!みなを守れ!」

「「「応!」」」

敵のものか、それとも自らのものなのか

血と泥にまみれたかれらの笑み。むき出しの白い歯が印象的だった。

その脇で犬部隊は懸命に戦っている。

敵の足元を潜り抜け、たくみに攻撃を回避。

フェイントをかけ、敵の攻撃を無効化する。

こと接近戦において、かれらに傷を負わせることの出来る相手は存在しないといってもよかった。

      • 怒声と罵声と悲鳴と嗚咽の響く戦場で

かれらは、ただ自らとその仲間たちを守る為に奮闘していた。

/*/

激しい乱戦。敵も味方も倒れていく中で、
今度はこちらが攻撃を耐える番となった。

それでもさきほどの総攻撃で、敵の数は減っている。

「敵さんの装甲、使わせてもらおうか!」

遮蔽に利用できるならばなんだっていい。

「こっち!身を屈めて!」

白い柴犬たちが泥だらけになって地面にほった穴は即席の塹壕になる。

偵察しきれなかったことが悔やまれるが、
後悔するのはこの戦いの終わった後でいい。

「皆さん!!我々の心は未だ折れていない!それを証明してみせましょう!」

「ええ!」

「もちろん!まだ終われません!!」
/*/

怒号と爆音、剣戟の音。
敵の攻撃に対しこちらは迎撃で応じる。
大剣を使い敵の攻撃を受け止めようとする剣と王。
倒された敵の骸を盾とする犬たち。
皆必死で敵の攻撃に耐えようとする。

「ぐぁっ!」

超重量の敵の攻撃を大剣で受ける王、攻撃の重さに顔を歪めた。

「何のーーー!」

しかし裂帛の気合と共に押し返す、辛そうだがそれでも口元には笑みがあった。

「おおーーーん!」



白柴達が自らが掘った穴に隠れながら遠吠えで敵の注意をひきつける、その身は泥に汚れもはやもとの色が分からなくなっていた。

だが彼らは誰一人諦めていなかった、ここをしのぐその一念で立っていた、次の反撃その一撃で全てを収めるそのような思いすら抱いて。
人と獣の怒声が鳴り響く、次の1手につなげる為に、消して倒れず生き残る為に




槙昌福@よんた藩国
グラジオラス@よんた藩国
フィサリス@藩国

RP

支那実@よんた藩国 : 「あ、さっきの穴もまだ残ってるのもあるから、入れる人は入ってー」
支那実@よんた藩国 : 「あ、土山足りない・・・」
支那実@よんた藩国 : 「穴掘り再開じゃーー(がすがすがす」
支那実@よんた藩国 : 「騎士様は、土山の影に隠れてください」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……こんな攻撃っ!」
支那実@よんた藩国 : 「わんこのみんなー 穴掘りよろしく! 王様守るのよー」
支那実@よんた藩国 : 「(あちこちで穴掘る音が聞こえる)」
支那実@よんた藩国 : 「こんな攻撃に当たるほどとろくないんだからっ!!」
支那実@よんた藩国 : 「わぁっ!攻撃きたーー みんな隠れてーー」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……遠くからのものは全部打ち落とすから、近くのだけ集中して」
支那実@よんた藩国 : 「ちょ・・・王様は隠れっぱなしになっててくださいっ」
支那実@よんた藩国 : 「はいっ!騎士様!」
支那実@よんた藩国 : 「まかせてー」
支那実@よんた藩国 : 「こんな連中にやられたりしないんだからーー」
支那実@よんた藩国 : 「敵やっつけて王様たちと帰るんだからーー」
支那実@よんた藩国 : 「わぅーんっ(目閉じて耳倒して防御」
支那実@よんた藩国 : 「国許でみんなだってがんばってるんだから、生きて帰んなきゃ」
支那実@よんた藩国 : 「敵が移動してきたので、あっちに移りましょう」
支那実@よんた藩国 : 「わんこのみんなも攻撃の合間を縫ってより安全なところへ移動してねーー」
支那実@よんた藩国 : 「騎士さまも、あっちの土山の影の方が安全ですよーー」
風杜神奈@暁の円卓 : 「……ありがとう」
支那実@よんた藩国 : 「いーえー 今、敵の位置がちょっとかわったようなので(音で確認)あっちの方が角度的に安全ですー」
支那実@よんた藩国 : 「みんなー 土山もっと大きくしてねーーー(手伝ってくれるわんこ仲間がいっぱいです」
支那実@よんた藩国 : 「がすがすがす(鼻の頭に土つけながら穴掘ります」
支那実@よんた藩国 : 「ここを耐えたらまた反撃ですね!がんばってたえましょ~~」

添付ファイル