芝村 が会話に参加しました。

藤崎 :お呼びしました。

雷羅 来 :こんばんは。

支那実 :こんばんわ

支那実 :はじめまして、よろしくお願いします~

雷羅 来 :よろしくお願いします。

芝村 :はじめまして。こんばんはー

藤崎 :私も本日はよんた国民の吉弥として雷羅さんにご一緒させていただきます。

芝村 :記事どうぞ


雷羅 来 :
【予約者の名前】1300278:雷羅 来:よんた藩国
【実施予定日時】5月8日/22:00~23:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):20マイル×1時間
【予約の有無】今回は不要
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
 ・わん太:滞在:0マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×3人
【合計消費マイル】計29マイル
【参加者:負担するマイル】
  • 国民番号 C名:国名:入学済/仮入学(既)/仮入学(初):消費マイル
  • 1300275:支那実:よんた藩国:仮入学(初):13マイル
  • 1300278:雷羅来:よんた藩国:仮入学(初):13マイル
  • 1300127:吉弥:よんた藩国:仮入学(初):3マイル


芝村 :わん太?

雷羅 来 :はい、わん太です

吉弥 :わん太、初めて呼びます。どきどきです。

芝村 :イベントは?

雷羅 来 :弁当持って、みんなでピクニックみたいなのに行きたいのですが、お勧めの場所などはありますか?

芝村 :春の園?

雷羅 来 :いちおう、春の園で考えております。

芝村 :いいと思います。

芝村 :2分待ってね

雷羅 来 :はい。

吉弥 :今回の参加者の紹介ページを作ってきました。


吉弥 :提出しておきます。

よろしくお願いします。

/*/

わん太は蓮華畑の中を歩いている。

意外に美少年だが、鼻が黒いのが、残念だ。

華奢で、びっくりする

雷羅 来 :「きれいな花畑。においもいいなぁ。」

支那実 :「わん太くん、はじめまして、こんばんわ~」

吉弥 :「ぽかぽかしてあったかいね~」

雷羅 来 :「っと、はじめましてー。」

支那実 :「れんげがきれいですね~」

わん太:「うす」

吉弥 :「こんにちは初めまして~吉弥と言います。(ぺこり」

支那実 :「私は支那実()

わん太:「俺、わん! 太」

支那実 :「(しなみ)といいます。よろしくね」

雷羅 来 :「おう、雷羅来や。」

支那実 :「わん!太・・・くん・・・?」

雷羅 来 :「えーっと、とりあえずその辺散策して、持ってきた弁当でも食べよか。」

支那実 :「あ、お弁当いっぱい持ってきたんです~」

わん太:「うん。なんのよう?」

吉弥 :「わん!太くん・・・わん太くん・・・ええとどっちで呼んだらいいのかなぁ?」(迷っている)

雷羅 来 :「用ってほどやないけど、せっかく近くにおるんやったら仲ようしときたいなぁ、と、親睦会も兼ねて、な。」

吉弥 :「今日はわん太くんと一緒にお弁当食べようと思って来たんだよ。ねーらいさん、しなみおねーちゃん」

わん太:「ずっと、国にいたのに?」

わん太は不思議そうだ

支那実 :「一緒にご飯食べたことないなーと思って」

尻尾揺れてる

わん太:「悪い奴?」

雷羅 来 :「一緒に遊べんかったから、今度こそ、と思って呼んでみたんやけど、・・・嫌やったかな?」

雷羅 来 :「悪いやつ、ではないと思う。がんばって良い奴になりたいとは思ってる」

わん太:「悪い奴はたいてい食べ物でつるんだ」

わん太:「次に押し倒して服を脱がせようとするね」

吉弥 :「あーなるほど!そうかー  って、えええ」

支那実 :「えー・・・服って・・・」

わん太はくんくん匂っている

吉弥 :「ごめんね。ぼくたち食べるの好きで、こないだは詩歌国にもたくさんご飯持って冒険に行ってて」

雷羅 来 :「食べ物つったりはせん、たべもんは自然からの贈り物やから、そんなんにつこたあかん。・・・って、服脱がせてどうすんやw」

吉弥 :「だからみんなでどこかに行く時はいつもご飯持ってくんだ。みんなで食べるとおいしいし」

わん太は美形だ。特に冷静な時は。

支那実 :「うん。うちの国は食いしんぼの国なので、みんなご飯もってお出かけするんだよ?」

支那実 :#なるほど。美形ならではの反応なのかもしれませんねぇ

雷羅 来 :「えーと、ごめん! うちの国にきてくれたのにずっと呼べんくて、悪いとは思ってても、なかなか度胸なくてな・・・」

わん太:「呼ばないでも」

わん太:「別に他人だし、関係ないし、あんたらは俺利用したいだけ。俺も利用する必要がやる」

わん太:「それでいいじゃん」

雷羅 来 :「利用・・・って、なんかどうしてもやりたいことあるんか?」

わん太は笑った。

わん太:「めし」

雷羅 来 :「最初に言うとくけど、こっちとしては利用するつもりはない。そりゃ、助けてほしい時はあるけど、嫌やったら言ってくれりゃあいい。」

雷羅 来 :「って、めし?」

吉弥 :「ご飯食べてくれる?」

支那実 :「は~い♪ご飯用意しますね(にっこり」

吉弥 :「ま、待って急いで用意するー(しなみおねーちゃんを手伝います)」

支那実 :#ごっそりと運んできたよんた饅やら出します

わん太はあちこちを見てる

支那実 :「これが普通のよんた饅でしょ、こっちはローストビーフとか、おにぎりも持ってきたー」

雷羅 来 :「そっか、立ち話もなんやし、とりあえず飯にでもするか。」

支那実 :「あ、レジャーシートもあるよ」

吉弥 :「お茶とジュースと紅茶もあるよ」

雷羅 来 :「なんか珍しいもんでもあったか?」

支那実 :#吉弥くんと二人でご飯の準備します。

わん太:「別に」

支那実 :お皿やコップを出して、ポットに入れてきたお茶とか飲み物も出します

雷羅 来 :「そか、まぁ、見とれるくらいきれいな花畑やからな。」(周りを眺めます

吉弥 :わん太が周りを気にしているようなので、視界をふさがないように気をつけてご飯や飲み物を並べています。

わん太:「ここはどういうところ?」

雷羅 来 :「宰相府って言って、自分らの国の偉い人がおるとこ。その中の観光名所みたいなとこかな。」

吉弥 :「サンドイッチと果物も。今日はイチゴとりんごとオレンジとー」

「ここね。ずっと春なんだ。あったかいの」

雷羅 来 :「正確には、宰相府の春の園、やな。」

わん太:「どういう意味があるの?」

雷羅 来 :「きれいな花畑に、意味なんているか?」

わん太:「なるほど。俺をよんだのも意味はない系か」

吉弥 :「うん。春の園のなかの、蓮華のエリア」

「えーと・・・観光したり、ぼくらみたいにピクニックに来るの」

支那実 :「うーん。みんながのどかに幸せな気分になれるところかな」

わん太:「第7世界人第7世界人……」

雷羅 来 :「意味なんて、いくらでも言えるやろ。」

わん太:「そだね」

わん太は料理を匂っている

支那実 :「あぁ、お口に合うかわからないけど、食べてみて」

雷羅 来 :「でもな、気持ちはあるつもりやで。第7世界人って呼ばれようとも。」

支那実 :「来さんも吉弥君もどうぞー」

わん太はいくつか選んで食べ始めた。

手づかみで

支那実 :ごそごそとおしぼり出して、わん太の近くにおきます

吉弥 :「はーいおにぎり食べるーいただきまーす」

雷羅 来 :「いっとくけど、意味がほしいんやったら言っとくけど、ただ単に会って話してどんな奴なんか知りたかった。それだけや。」

支那実 :「こっちに鳥のから揚げとか、たまご焼きも作ったよ~ 好みがあるから甘いのとしょっぱいのとあるので、好きなほう食べてね」

わん太は食べ終わった。

雷羅 来 :とりあえず、適当に食べ始めます

支那実 :「どう?お口にあった?」わん太に聞いてみます

雷羅 来 :「うお、たべんの早!」

吉弥 :「おいしいー。わん太食べるの早いねーお茶かジュース飲む?」

わん太:「腹減ってるとなんでもうまいね」

吉弥 :「よかったーおいしかったんだね」

わん太:「・・・・・」

雷羅 来 :「そうか、そりゃ何よりのほめ言葉やと思うで。よく動いて、腹減らして食べる。何よりの調味料やんか。」

支那実 :「もっとおいしいのを作れるように精進するね」

支那実 :「お腹いっぱいになった?」

雷羅 来 :「料理は作る側だけが作るんやないからな。食べる側も出来ることはした方がええに決まってる。」

わん太:「安全なのは食べた」

吉弥 :「う。あまり・・・だったか。もっと勉強しますorz」

雷羅 来 :「安全なのて、別に毒なんぞ入れとらんで?」

支那実 :「う~む・・・ねぎ類は使わないようにしてみたんだけどなぁ」

わん太:「こいつとこいつとこいつは、毒が入っているかわからなかった」

雷羅 来 :指したものを食べます

支那実 :「(しょんぼり」

わん太:「こいつはシアン系だ」 →梅干

吉弥 :(同じく食べます

吉弥 :「・・・・すっぱいの、苦手?」

玉子焼きとよんた鰻とロースとビーフだね

わん太:「死にたくない」

吉弥 :ベジタリアンですか?

芝村 :違うね。梅干も嫌がってる

吉弥 :加工品だからでしょうか。

雷羅 来 :「う、勉強不足か。何か好きな食べもん教えといてくれんか?後学のために。」

吉弥 :単に好き嫌いかな・・・

雷羅 来 :Q:犬が食べると危ないもの、とかでしょうか?<好き嫌い

芝村 :A:いいえ。

芝村 :加工品というわけでもないね

わん太:「手の内はみせられないよ」

わん太は笑ってる。

心の底からは笑ってないが。

支那実 :「えー じゃ、お饅頭とかどう?」

わん太:「いらない」

雷羅 来 :「手の打ちて。まあええ。そのうち突き止めるから、覚悟しとけよ~」

支那実 :「甘いものきらい?」

吉弥 :「果物は?イチゴとりんごとオレンジがあるけど」

雷羅 来 :ニッと笑います

わん太は何もいわずにイチゴをみている。

雷羅 来 :「ちなみに、自分はそばが好きや。」

吉弥 :「イチゴ食べる?」わん太に差し出します

吉弥 :「このイチゴ、何もつけなくても甘くておいしいよ」自分もひとつとって食べます。

雷羅 来 :イチゴ奪って食べます

わん太は目をそらした。

雷羅 来 :「もぐもぐ・・・うまいぞ。食わんのか?」

わん太:「あまり人がいないのはなぜ?」

雷羅 来 :「ん、単にみんな違うとこ行ってるんちゃうかな。危なそうな人ごみとかのほうがよかったか?」

雷羅 来 :「宰相府には、見どころ他にもいっぱいあるはずやし。」

支那実 :「いろいろな園があるようなので、ほかにいるんだと思うけどな」

吉弥 :「イチゴ好きじゃないのかな。食べちゃうよ」

支那実 :「私も食べよーっと(いちごつまみます」

わん太は遠くのゴミ箱を指差した。

数箇所ある

雷羅 来 :ごみ箱をみます

支那実 :「ゴミ箱?」

雷羅 来 :「なんかあるか?」

吉弥 :「?」不思議そうに見ます。

支那実 :「ちょっと見てこようか」

雷羅 来 :「変わったとこはなさそうやけど・・・」

わん太:「ゴミ箱が複数あるということは利用者は少なくないはずだ」

わん太:「どこかおかしい」

支那実 :「そうだね。お休みの日はもっと混むのかもしれないね」

雷羅 来 :「ああ、そういうこと。・・・なんか起きてるかも知らん、ってことか?」

雷羅 来 :周囲を警戒してみます。

吉弥 :Q:イベントが発表されたので外出する人が減っているのでしょうか?

芝村 :A:そだね。戦争にそなえている

吉弥 :#生活ゲームでなにかあったわけじゃないんですね。それはよかったです。

雷羅 来 :「・・・戦争の準備のせいかもしらん。近いうちに攻め込まれる可能性もあるらしいから・・・。」

わん太:「なるほど。あんたたちはバカ?それとも周囲がばか?」

雷羅 来 :「両方の可能性が高い。何とかできるように努力はしてるけど。」

雷羅 来 :「先に言っとくけど、わん太に戦争させるつもりはない。」

わん太:「聞いてないことを言わないほうがいいよ」

わん太:「そう、わかった」

雷羅 来 :「こっちの気持ち言っとかんで、仲良くなれると思えるほど、楽天家でもないんや。」

わん太は警戒して少し離れた。

雷羅 来 :「そっちがどう思ってようと、こっちは一緒に笑って飯食えるくらいにはなりたいとおもっとる。」

雷羅 来 :「嫌かも知らんが、それは自分で決めたことやから、これは譲らんからな。」

雷羅 来 :「また、会いに来る。絶対会いに来るからな。」

わん太:「仲良くなるというのは」

わん太:「俺を押し倒すまで、親切そうに言う奴が言う台詞だ」

/*/

芝村 :はい。お疲れ様でした。

支那実 :お疲れ様でした。ありがとうございました。

吉弥 :お疲れ様でした。

雷羅 来 :お疲れ様ですー。あうー・・・

支那実 :それにしても、押し倒すって///

雷羅 来 :ありがとうございました。ここまでむづかしいやつとは

吉弥 :わん太わんこじゃなかった・・・すっかりAマホルルブのイラストのイメージでした。

支那実 :もっとわんこ系の子かと思ってました

吉弥 :過去に色々あったみたいですね・・

雷羅 来 :Q:やはり過去に何かあったんでしょうか?

芝村 :A:さあ(笑)

雷羅 来 :ああ、やはり。

支那実 :まぁ、美形から始まり、予想外なことばかりでした

芝村 :ははは。よくあるね

支那実 :やっぱり女性に警戒してたんでしょうかねぇ

芝村 :どうかな

吉弥 :男にも警戒してるとおも・・ゲフゲフ

雷羅 来 :えーっと、聞くのはちょっと怖いんですが、

Q:感情評価に変動はありましたでしょうか?

芝村 :+1+1

雷羅 来 :確実に警戒されてましたから・・・男嫌いかなぁ・・・

雷羅 来 :上がった!?

吉弥 :よかったねーーー;;

雷羅 来 :ありがとうございます。

支那実 :おー あがるとは思いませんでした

芝村 :秘宝館には1.1で依頼出来ます

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でした。

吉弥 :はい。ありがとうございます。

雷羅 来 :はい。ありがとうございました。

吉弥 :お疲れ様でした。ありがとうございました!

支那実 :ありがとうございました~