1時間目「傷つけられた少年

 /*/

芝村 :窓が揺れている

雷羅 来 :r:のぞきます

芝村 :何も見えないね

雷羅 来 :Q:窓は破れば通れそうですか?

芝村 :A:外に回って走ったほうがはやそう

雷羅 来 :
では
r:外に出て回り込みます

雷羅 来 :#必死に走ってます

芝村 :敏捷はいくつだい?

雷羅 来 :3です

芝村 :逃げられた・・・・

雷羅 来@よんた藩国 :
 *犬は移動時ARの消費を1少なくすることが出来る。
はこうかありませんか?

雷羅 来 :移動は早いと思うのですが。

芝村 :お。難易が劇的に下がった。

雷羅 来 :#あ、f:出せばいいのか

芝村 :で、今、50%だが、今回ミハダイスが入ってない。

雷羅 来 :はい。

芝村 :NWCでダイスふろうか

雷羅 来 :了解しました。

雷羅 来 :では、振ってきます

芝村 :ええ

雷羅 来
:MASTER◆雷羅 来@ > 1D100 → 83 = 83 (7/23-22:08:53)
      • 失敗です

芝村 :残念

芝村 :追いつけなかった・・・・

雷羅 来 :Q:絶技メッセージを使用した場合、危険はありますか?

芝村 :A:ない

雷羅 来 :r:では、絶技メッセージを使用します

芝村 :はい

雷羅 来 :まず、わん太に向けて。

芝村 :ええ

雷羅 来 :「なんで逃げるようなことするんか分からんけど、危ないとこにはいくなよー」

雷羅 来 :#だめだ、気の利いた言葉がでない

芝村 :はい。送りました。

雷羅 来 :r:政庁にいるだろう藩王にメッセージを送ります

雷羅 来 :「わん太に逃げられました。追跡中。情報求む。」

芝村 :よんたは噴き出していると思われる。

雷羅 来 :#謝るならあとでいくらでもー

芝村 :#ははは

芝村 :どうする?連絡まつ?

雷羅 来 :r:とりあえず動きます

雷羅 来 :r:何か痕跡がないか探します。

雷羅 来 :#こんなとき追跡者だったら楽なのに・・・

芝村 :感覚で10

芝村 :
よんた :は?

芝村 :リアルタイムの情勢

よんた :では・・・

よんた :北国人+スペーススタードッグ+藩王+追跡者

よんた :これきてますので追跡絶対成功で探してみます

芝村 :みつけた。長距離移動システムでレムーリアに移動している。

雷羅 来 :ぬおー

雷羅 来 :r:長距離輸送システムに向かいます。

芝村 :
よんた :ぶwwwww

よんた :列車運行停止、NW内で止めます

よんた :と駅関係者に連絡

芝村 :とまった。止まった。

雷羅 来 :#結局行くことに・・・避けたのにー

雷羅 来 :r:迎えに行きます

芝村 :迎えに行ったよ。

芝村 :貨物室に隠れていた。

雷羅 来 :「無事・・・か?」

わん太:「別に」

雷羅 来 :「どっか、怪我とかしとらんか?誰かに連れて来られたんちゃうやろな?」

雷羅 来 :r:わん太の様子を確認します

芝村 :わん太は普通そうだ

雷羅 来 :「とりあえず、異常なし・・?ふう・・・」

雷羅 来 :気が抜けてへたり込みます

雷羅 来 :#リアルも似たような状況ですがw

わん太:「・・・どうだっていいだろ」

雷羅 来 :「あほかーー!」(出る限りの大声で

芝村 :わん太は耳をふさいでいる

雷羅 来 :r:わん太の頭を抱きかかえます

雷羅 来 :「何かあったら、どうすんや。たのむ、心配させんでくれ。」(できるだけ優しく

芝村 :わん太はじっとしている。

雷羅 来 :「これ以上なんかあったら、僕が自分が許せんようになる。自暴自棄になるのは、僕が死んでからにしてくれ。」(泣きそうになりつつ

芝村 :わん太はじっとしている。

雷羅 来 :「どうだっていいなんて思えない。もう、わん太の事を知ってるから。何か不満あるなら聞くから。突然いなくなったりしないでくれ。・・・たのむ。」

わん太:「・・・・」

雷羅 来 :「仲間を失うようなことはしたくない。国のみんなは家族みたいなもんだ。家族を失うのだっていやだ。」

わん太:「わからないよ」

雷羅 来 :r:そっと離します

「わからないって、なにが?」

わん太:「俺、家族なんかもったことない」

雷羅 来 :「そうか。唐突やけど、僕のこと、嫌いか?」(まっすぐ目を見つつ

わん太:「別に」

雷羅 来 :「そっか。少なくとも嫌いじゃないんやな。」

芝村 :否定はないね

雷羅 来 :「ならどうだ、ままごとみたいになるけど、僕の弟にでもなるか?」(ちょっとおどけつつ

わん太:「いらない」

雷羅 来 :「うわ、はっきりと」(笑つつ

芝村 :わん太は黙ってる

雷羅 来 :「ま、それは冗談として。」

雷羅 来 :「最初に連れて行った、新領民のご老人覚えてるか?」

芝村 :わん太は徒歩でレムーリアに歩き出した。

雷羅 来 :とめます

芝村 :とめた

雷羅 来 :「なんで・・・どこに向かってるかわかってんのか?」

雷羅 来 :r:周囲を警戒しつつ

わん太:「遠いところ」

雷羅 来 :「間違ってはないが・・・相当危険だってこと、わかってるか?」

雷羅 来 :「はっきり言う。命を落とす可能性が高い。」

わん太:「しにたい」

雷羅 来 :「しなせない。」

わん太:「・・・・・」

わん太は下を見た。

雷羅 来 :r:沈黙のまま何かいうまで待ちます。

雷羅 来 :Q:周りの警戒だけは続けます

わん太:「俺、こういうの嫌いだ」

雷羅 来 :r:言葉を続けさせます。

雷羅 来 :#あ、Qになってる

雷羅 来 :r:周りの警戒だけは続けます

わん太:「・・・・」

わん太は歩き出した。

雷羅 来 :とめます

雷羅 来 :「いかせない。」

雷羅 来 :「僕は自殺を認めない。」

雷羅 来 :#負けた・・・

わん太:「自殺なんかしない」

雷羅 来 :「死にたいって言って危ないとこに行くのは、自殺だ。」

わん太:「・・・別のところに行く。いいだろ。それで」

雷羅 来 :「この国が嫌いか?」

わん太:「別に」

雷羅 来 :「ひとつ聞く。まっすぐにこの国を見たことはあるのか?」

雷羅 来 :「この国の姿を、生きる人を。」

わん太:「俺をおしたおしたやつらのことだろ」

わん太:「顔なんか見たら殺されるよ」

雷羅 来 :r:自分の顔が見える位置へ顔を動かします

芝村 :目をそらした。

雷羅 来 :r:見えるところへ動かします

芝村 :わん太は下を見た。

雷羅 来 :r:下からのぞき込みます

雷羅 来 :「まっすぐ、人の目を見て話をする。離れるのは、嫌いになってからでも遅くないだろ? まぁ、僕は嫌われたくらいで世話焼かなくならないと思うから、そこは理解しとけよ。」(できるだけ優しく笑います

わん太:「・・・」

雷羅 来 :r:真剣に目を見ます。

雷羅 来 :「わん太は、僕が守る。」

雷羅 来 :「約束する。」

わん太:「・・・・なんで!」

雷羅 来 :「・・・前にも言ったような気もするが、理由なんているか?」

雷羅 来 :「そうしたいと思った。それだけだよ。」

芝村 :わん太は走って逃げた。

雷羅 来 :おいかけます

芝村 :おいついた

雷羅 来 :「鬼ごっこはもっと安全なところでやるもんだと思うが・・・はぁはぁ」

雷羅 来 :「この世界のどこかに、ただ君の幸せだけを願うものがいたっていいじゃないか。」

雷羅 来 :「・・・うけうりだけどな。」

わん太:「そんなの信じられないよ」

雷羅 来 :「これを言ったのはすごい人だったと聞いてる。僕はこの言葉を信じてる。

雷羅 来 :「今すぐ信じろとは言わない。だが、疑うだけじゃ、幸せにもなれないと思うぞ。」

芝村 :わん太は目をそらしました

 /*/

芝村 :はい。お疲れさまでした

雷羅 来 :お疲れ様でした~・・・orz

雷羅 来 :難しい・・・信用ないなぁ・・・

芝村 :しゃあないさ。

雷羅 来 :ですね、気長に行きます。

芝村 :ええ。

芝村 :評価は+1+1

芝村 :でした。

芝村 :秘宝館には2.2で依頼できます。

雷羅 来 :はい、ありがとうございます

雷羅 来 :了解しました(多いっ

雷羅 来 :えと、評価についておききしたいのですが

芝村 :ええ

芝村 :累計は3、3です

雷羅 来 :あ、前回分も累積されてるんですね。

雷羅 来 :それの確認でした

雷羅 来 :ありがとうございます。この調子だと試練をクリアできそうにないですが・・・

芝村 :まあ、あきらめるのも手だ

雷羅 来 :いや、あきらめませんから!

雷羅 来 :あんな子ほっとけません

芝村 :ははは。

芝村 :では解散しましょう。お疲れさまでした。

雷羅 来 :お疲れ様でした。ありがとうございました。