L:豊饒の海 = {
 t:名称 = 豊饒の海(施設)
 t:要点 = 漁師の娘,海の幸,海
 t:周辺環境 = 市場
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *豊饒の海の施設カテゴリ = ,,国家施設。
  *豊饒の海の位置づけ = ,,生産施設。
  *豊饒の海の面積 = ,,0m2。(NWの海よりの生産となる)。
  *豊饒の海の食料増産効果 = ,,(生産フェイズごとに)この施設を所有する藩国の食料生産量+30%。
 }
 t:→次のアイドレス = なし




【よんた藩国湾岸地区開発報告書】

【状況】

 豊富な海洋資源の確保、及び新国民の雇用問題対策として取られた政策により
以下の施設が増設された。


  • 中央卸売市場


  • 湾岸施設道路

  • 卸売市場駅ターミナル(地下鉄)


  • 小型漁船停泊地

  • 大型船舶用泊地・係留施設

  • 防波堤

【補助設備】
  • 災害対策構造
 全施設において地震対策として、DEEP工法(過剰間隙水圧消散工法)が取られれおり、液状化などの2次被害対策を施している。


各施設詳細は、付属資料を参照のこと。


                         【湾岸施設開発部】



【補助資料:中央卸売市場概要】


 今回の拡張工事により、既存の卸売市場をベースに規模を拡張。

 これに拠り、15万トンの海の幸(※2)の水揚げ量増加が見込まれる。

 規模拡大に伴い、卸売市場(※4)は海(※3)及び、海浜公園と隣接する形になり、市場関係者だけでなく、一般消費者の増加も見込まれる。

 労働力として、新国民への需要が高まっており、現在求人票が各地区へ配布されている。

 また、添付写真の様に、地元漁師の娘(※1)や学生アルバイトが軽労働に従事している姿が見受けられており、活気溢れる地区となっている為、周辺地区の更なる発展が予想される。


報告書作成者

文章:槙 昌福
写真(絵):大村やしほ・支那実


オマケの状況報告書です。市場の活気溢れる様をご覧ください。


添付ファイル