雷羅 来 :こんにちは。ゲームの時間になりましたので参りました。

芝村 :記事どうぞ


【予約者の名前】13-00278-01:雷羅 来:よんた藩国
【実施予定日時】2008/12/01/15:00~16:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・わん太:藩国滞在:0マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・13-00278-01:雷羅 来:-29マイル:入学済
 ・13:よんた藩国:-4マイル 

雷羅 来 :こちらになります

雷羅 来 :
イベントは、わん太自身が自由に動ける状況ならこちらから会いに行きます。
まだ見つかっていないか、身柄の保護ができていないときは、よんた藩国の警察署へ行きます。
#風俗営業規制に関する情報はすべて藩国警察機構本部 地域課内の特捜本部に集積するように指示してあります。



芝村 :OK

芝村 :2分まってね

雷羅 来 :はい、おねがいします

芝村 :/*/

芝村 :ここはよんた藩の警察署前だ

雷羅 来 :ひとまず中へはいります

芝村 :はい。

雷羅 来 :Q:誰かいますか?

芝村 :警察に人々は熱心に仕事している

雷羅 来 :r:受付を探します。

芝村 :すぐ見つかったよ。

芝村 :受付:「ご相談ですか?」

雷羅 来 :「すみません、風俗営業規制特捜本部へ行きたいのですが、どちらにありますか?」

雷羅 来 :「できれば、指揮されている方にお話しを伺いたいことがありますので、取次ぎをお願いします。」

芝村 :受付:「はいこちらです」

雷羅 来 :ついていきます

芝村 :受付:「えーとそう言うのはちょっと・・・」

雷羅 来 :「あ、っと失礼しました。場所を教えていただければ大丈夫です。」

芝村 :受付:「ご相談は受けますが、捜査中の案件などについての進捗はお話しかねます」

雷羅 来 :「申し遅れました。よんた藩国で法官を務めております、雷羅来と申します。」

芝村 :受付:「はい。どうぞ」

芝村 :案内された。

芝村 :地域課は大所帯だ

雷羅 来 :#大所帯w

雷羅 来 :受付の方にお礼を言って中へはいります

芝村 :地域課は随分忙しい。大変そうだね

雷羅 来 :#働かせすぎですね、ごめんねー

雷羅 来 :手近な方に、責任者の居場所について尋ねます

雷羅 来 :「すみません、指揮をとってる方に会いたいのですが、どちらにおられますか?」

芝村 :適当に指差された。

芝村 :太ったおばちゃんが指揮取ってるね

雷羅 来 :ひとまずそちらへ向かいます。

芝村 :おばちゃん:「なにか?」

雷羅 来 :「はじめまして。すみません、子供を一人探してまして、情報を頂けないかとこちらに伺いました。」

雷羅 来 :「私、よんた藩国で法官を務めさせていただいてる雷羅来と申します。」

芝村 :おばちゃん:「あ、そう。私はテイラー・テイキング」

芝村 :おばちゃん:「被害届けはあっちでかくといいわ」

芝村 :おばちゃん:「ただまあ、諦めた方がいいと思うわ」

雷羅 来 :「見つけるのは難しい、ということですか?」

雷羅 来 :周りの状況を見ます。

芝村 :忙しそうだ。あなたたちに注意を向ける人はいない

雷羅 来 :#なるほど、なんとなく飲みこめて来ました

雷羅 来 :「わかりました、お時間取らせまして申し訳ありませんでした。…あ、一言だけ。いつも国のためにありがとうございます。」

頭を下げて被害届けを出しに行きます

芝村 :おばちゃん:「で、いそがしいんだけど。被害届けは、だす?ださない?」

芝村 :おばちゃん:「はあい」

芝村 :あなたは被害届けを出した。

芝村 :担当のおねえさんは難しい顔してる

雷羅 来 :「何か問題がありますか?」

雷羅 来 :>担当のおねえさんに

芝村 :おねえさん:「娼館で仕事してた子、だいたい殺されてるんです。行方不明と言う名目ですけど」

雷羅 来 :「なるほど…ああいえ、すみません。とりあえず、やることだけやっときたいので、申請だけは出しておけますか?」

芝村 :おねえさん:「口封じですね。はい。もちろんです」

芝村 :おねえさん:「お子さんですか?」

雷羅 来 :「おねがいします」

雷羅 来 :「子供…いやまぁ、一応他人なんですが、弟みたいなもんですね…たぶん」

芝村 :おねえさんは表情を消して書類を書き込んだ。

芝村 :おねえさん:「なるほど。ではありがとうございました」

雷羅 来 :「変なこと言いました。こちらこそありがとうございます」

芝村 :おねえさん;「いえ。おかまいなく。例え第7世界人でも、子供の敵は我々の敵です」

雷羅 来 :「自分では、子供の味方になりたくて来てるんですが…。やはりそう思われますか・・・」

雷羅 来 :少し悲しくなります

雷羅 来 :「敵の敵という意味では、共闘できると思ったんですが…」

芝村 :おねえさん:「申し訳ありません。ですが、この国で人を信じるほど、愚かな事はないですよ」

雷羅 来 :「ご忠告感謝いたします。・・・ただ、信じるのやめたくないんですよ。」

r:できるだけ笑顔で

芝村 :おねえさん:「ご自由に。信じるだけなら、自由です。税金も掛かりません」

雷羅 来 :「ええ。では届け出の方、お願いします。」

芝村 :おねえさんは頭を下げた。

雷羅 来 :r:おねえさんに一礼してから警察署を出て、町の中を探しに行きます

芝村 :あなたは外に出た。

雷羅 来 :「と言っても手掛かりなしか・・。

芝村 :追跡難易度は50くらいだね

雷羅 来 :どうやっても無理そうですね

雷羅 来 :Q:以前に手紙を送ったときに、どこにいたかなどの記録はどこかに残っていますか?

芝村 :A:畜産処理場だね

雷羅 来 :ぬお

雷羅 来 :r:ひとまず、町を歩いて怪しげな雰囲気がするところがないか探します

雷羅 来 :怪しげ=いかがわしい です

芝村 :はい。いや。大丈夫そうだね。

芝村 :警官をあちこちでみた

雷羅 来 :っと、

Q:シーズンインしたので、着用アイドレスはT12のものになっているのでしょうか?

雷羅 来 :#まだオフ扱いで着替えで来たりしないかなーと、考えました・・・

芝村 :A:12のものだよ

雷羅 来 :了解です。

雷羅 来 :Q:警官は警戒パトロール中、ということでしょうか?

芝村 :A:ええ

芝村 :凄い数だ。

芝村 :厳重警戒だな

雷羅 来 :いいのやら悪いのやら、ですね。

雷羅 来 :r:新しく建てた寮(子供が住まうゆきしずく荘)へ向かいます。

芝村 :はい。

芝村 :子供がたくさんいるね。

雷羅 来 :r:寮長さんを探します

芝村 :行儀悪い子が多いが、明るそうだ。愛鳴とはだいぶ違うね。

芝村 :年とったじいちゃんだ

雷羅 来 :「こんにちは、ずっと気にかけてた子供を一人探してまして、こちらに来ていないか確かめたいのですが。」

芝村 :じいちゃん:「いいですよ」

雷羅 来 :「鼻の黒い、犬妖精風の少年で、わん太、と名乗っているはずなのですが、こちらにいますでしょうか?」

芝村 :じいちゃん:「いませんなあ。ここには400人いますが、そういうのはいません」

雷羅 来 :「そう、ですか・・・」

芝村 :じいちゃん:「めずらしいので。おそらくは・・・」

雷羅 来 :r:目をつぶって軽く頭を振ります

雷羅 来 :「警察でも言われました。でも諦めよくないんですよ、僕は。」

雷羅 来 :r:無理にでも笑顔を作って

芝村 :じいちゃん:「それがよろしい」

芝村 :急に元気のいい声だった。

雷羅 来 :そちらを見ます

芝村 :じいちゃん:「大人が諦めたら、いけません」

雷羅 来 :「ありがとうございます。」

芝村 :じいちゃんだよ。急に大声だ。

雷羅 来 :「あそうだ、もしかしたらここへ来るかもしれませんので、受け取っていただきたいものがあります。」

雷羅 来 :r:所持している「まごころの花束(大)」にわん太へのごめんをこめて、預けます。

雷羅 来 :#見つかる頃には枯れるかもと思いますが

芝村 :じいちゃん:「わかりました」

雷羅 来 :Q:あと、手紙を置いていけますか?

芝村 :/*/

芝村 :A:ええ。もちろんです

雷羅 来 :内容はテキストでお渡ししてもよろしいでしょうか?

芝村 :はい。おつかれさまでした。

芝村 :ええ

雷羅 来 :お疲れ様でした。では送ります

雷羅 来 :結構前に書いたものですが、どうしても渡したかったのです・・・

芝村 :はい

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でしたー

雷羅 来 :ありがとうございましたー