【地下都市環境改善プロジェクト】


最終目標

住環境として未だ適していない地下空間を、人の生活空間としてまっとうなものにする

守るべき条件

  • 実作業にかかわる人も含めて、国民の安全を最優先とする
  • 地下に住む生物たちに与える影響も考慮に入れ、自分達が彼らの脅威とならないよう配慮する
  • セプテントリオンに関係する企業及び個人は、この事業に関わることを一切認めません。応募・入札時に調査を行いセプテントリオンとの関係が発覚した場合、契約は破棄されます
  • 不正が行われていないか宰相府による監査をお願いします 【根拠】


1:情報収集

先に出した政策をもとに状況の調査を行う

2:対策案作成

集めた情報を解析し対策を練る

3:対策案承認と予算組み

対策案を藩王が承認後、予算を編成する

4:作業人員募集

広く国内から作業員を募集します。
なお種族としての特徴が作業上の危険とならない限りは、人種等にこだわらない

5:環境改善工事

対策案に基づき補強・改修工事を行います

6:終了後の環境維持

工事終了後の環境変化の観測や補修を行う人員を確保し、さらなる問題が出ないように対処します





【農業博覧会への出品】


近々開催予定の農業博覧会へ国として参加いたします。
国民の皆様の出品・参加は推奨いたします。
何らかの援助が必要な方は、政庁にてご相談ください。





【国民帰還事業への協賛】


宰相府で行われる国民帰還事業に国として協賛いたします。
それに伴い事業スタッフの募集を行いますので、希望する方は政庁でお尋ねください。





【小学校教育施策】


小学校における教育方針

未来の国を背負うこととなる人材の育成を目指し、各種産業で必要となるであろう数学・理科の充実を図ります。
それに伴い、数学・理科を得意とする教員を増員します。
また、生徒の好奇心を育てるための教材は優先的に援助します。

教員の増員について

教員登用の際は面接などにより適正があるかどうかの判断を行います。
セプテントリオンに関わりのある者については一切の登用を禁じます。




よんた藩国藩王よんた(印)