政争行動宣言

警戒巡回の実施


使用部隊



実施場所

藩国の海岸線付近、レムーリアゲート周辺


運用方針

  • 部隊人数が犬士をふくめて歩兵11人であることを生かし多数の目で監視を行うことで発見漏れを防ぐ。
  • 摂政をのぞき、全員北国人+偵察兵+追跡者+警官と偵察、巡回、追跡能力をもった歩兵であるため、より精度の高い情報が得られる。
  • 敵部隊発見時は積極交戦せず、宰相府に通報を基本とし、本部隊自体は戦力到着までの足止めに専念する。(ただしそのまま撃退できる相手ならば自国対処とする)
  • 通信方法はジャミングがなければ無線等の歩兵装備を使用。信号弾、伝令などのアナログの手段で伝達を行う。


#334文字