食糧生産についての政策

国民の皆様、いつもお世話になっております。
藩国より食糧生産についての政策を発表させていただきます。

最近の情勢により食糧需要の急激な高まりが想定されることで買占めが始っております。
これにより投機家の皆様に儲けが出るのは間違いないのですが、買占めにより国民の皆様の中に食事を満足に取ることもできない人々が出てくることも充分に予想されます。
そこで、以下の政策を実行いたします。

1.食糧による税金物納の推奨と優遇
特例処置として物納で税金を納めた場合、現状の藩国での価格の20%増しとして算定します。

2.食糧価格高騰時における適正価格での販売
1の政策により納められた食糧を非常時において政府介入として適正価格で市場に放出いたします。

3.物納された食糧の管理
なお、この物納された農作物に関しては
食糧保全法(http://www24.atwiki.jp/idress_lap/pages/71.html#id_f5815ca4)に基づき
NACのトレーサビリティ管理のもと
厳重にチェックし、毒混入などされぬよう、厳重な管理を行います。

4.食料生産に関して今後の予定
以前お知らせした通り、国内産業の育成を予定しておりますが、食料産業が衰退するのは問題であると考えております。
食料生産も重要な産業であるため、見直しを検討しております。


以上、投機家の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、国民生活を守るためとご理解くださいませ。
よんた藩国よりの政策でした。


よんた藩国藩王よんた(印)