/*/

芝村:
ここは宰相府。綺麗な中庭だよ

支那実:
#中庭!時間は昼間でしょうか?

嶋は目を輝かせてメガネを指でおしている

支那実:「こんにちわ~」

嶋:「こんにちはー」

支那実:
嶋さんに見とれてます~><

嶋はにこにこしている。

支那実:「少し遅くなりましたが、嶋さんのお誕生日をお祝いしたくて来ましたー」

嶋:「ああ、ありがとうございます」

嶋は嬉しそう。

嶋:「うれしいでござるな」

支那実:嬉しそうな嶋さんを見て私も嬉しくなります
    にこにこします

支那実:
Q近くにテーブルありそうなところはありますか?

芝村:
A:あるよ

周囲は綺麗な花がさいている。ここは花園だ

支那実:「お花きれいですね~ よかったらテーブルにかけませんか?」

嶋:「はい」

嶋は花とI=Dを見てる。

支那実:
#I=Dですか?

芝村:
うん

宰相府防衛のためのチップボールだね

支那実:なるほどー

支那実:「I=Dですね~」

支那実:といいつつ、食べ物並べていきます。

嶋:「面白いですね」

支那実:「面白いですか?」

嶋:「そりゃもう・・・」

嶋:「すごい量産率ぽいですしー」

支那実:「なるほどー 私もPPGで乗りましたよ~」

嶋:「へえ」

嶋:「あれ、どういう機体なんですかー?」

支那実:「歩兵用の機体で、主に治安維持に利用されると聞いてます~」

嶋:「なるほど・・・ウォードレスと同じ戦術地位なんですね」

支那実:「そんな感じでしょうか。」

嶋:「いい誕生日ですねえ」

嶋は目を細めている

支那実:
Q嬉しそうでしょうか、それとも微妙そうな感じでしょうか

芝村:
A:むちゃくちゃ嬉しそう

嶋:「? ああ、すみません」

支那実:「ふふ 喜んでいただけたなら良かったですー」にこにこします

嶋:「いやー。つい・・・色々かんがえちゃいますねー」

支那実:「いろいろですか?」

嶋:「ええ・・・技術者なんで・・・すみません」

支那実:「謝らないでください~ そんなところもステキだと思ってるので~」

支那実:
QI=Dを背にして写真撮ったりできますか?

芝村:
A:できるよ

支那実:
ありがとうございますー

支那実:
Q今日はカメラを持ってきてることにしてもいいでしょうか

芝村:
A:いいよー

支那実:「良かったら、I=Dを背に写真撮りませんか? お祝いの写真を撮ろうと思ってカメラを持ってきてたんです~」

嶋:「えー、いいんですか?」

支那実:「ええ。で、できれば一緒にうつってる写真撮れたら嬉しいんですけどどうでしょうか・・・」照れます

嶋:「ええ、いいですよ?」

支那実:「ふふ。嬉しいです」にこにこです

支那実:
Q写真写してくれるような方って近くにいますか?

芝村:
A:ええ。秘書官があるいているよ

支那実:
秘書官さんが!

支那実:
「えーと、秘書官さんがいらっしゃるようなので、写真写してもらえるようにお願いしてきますね」

芝村:
ちいさいのが

小さい秘書官:「こんにちはー。です」

支那実:#ちいさいの・・・?

支那実:Qやひろさんでしょうか?

芝村:
A:ee

支那実:「こんにちわー はじめましてー よんた藩国の支那実:と申しますー」

支那実:「写真を撮りたいので、写してもらってもよろしいでしょうか?」

小さい秘書官:「はい。チーズ」

小さい秘書官は考えている

支那実:「どうしましたか?」

小さい秘書官:「もっと、ちかよってくださいー」

支那実:「ええと・・・」嶋さんを見ます

嶋:「はい?」

嶋:「ああ、フレームに収まらないんですよ」

支那実:「近寄ってもいいですか?」

嶋:「いいですよ?」

支那実:「ありがとうございます」照れますがにっこりして横に寄ります

撮影してもらった。

小さい秘書官:「できたー」

支那実:「ありがとうございましたー」やひろさんにお礼を言います

支那実:#かわいいなぁ・・・

小さい秘書官は頭をぴょこんとさげて去っていった

支那実:#可愛い><

支那実:「写真、今度焼き増ししてお持ちしますね」

嶋:「お手伝いですかねえ」

支那実:「かわいらしかったですね~」

支那実:「あ、ケーキやお食事どうですか?」

嶋:「はい。いただきます」

嶋:「貴方の食事が好きです」

支那実:
バースデーケーキ
  • フルーツをたっぷり乗せたホールケーキ

食事
  • 揚げ物(から揚げ・とんかつ・串揚げ)
  • ビーフカレー(野菜がとけるまでじっくり煮込んでます)

こんな感じで持ってきましたー

支那実:「ありがとうございますーー」ちょう照れます><

嶋:「嬉しいですね」

支那実:「作る甲斐がありますー」

支那実:ケーキにろうそく立てて火をつけますー

嶋:「てれますねー」

支那実:「お誕生日おめでとうございます、嶋さん」にこにこです

支那実:「ふふ」

支那実:ハッピーバースデーと歌います

嶋:「ありがとうございますー」

支那実:「ロウソクの火は一息で消すといいんですよ~」

嶋は微笑んで火をけした

支那実:「おめでとうございますー」パチパチパチ

支那実:「それと、お誕生日のプレゼントですが、ご希望聞いてからにしようと思って、今日は持ってきてません。
    何かほしいものはありますか?」

嶋:「もう十分ですよ」

嶋:「技術者としては、望外です」

支那実:「えー せっかくですから、今度何か持ってきますね~」

嶋:「ははは」

支那実:「今日の写真とは別にお持ちしますね」

嶋:「はいー」

嶋は笑ってる。

支那実:私もにこにこです

支那実:「今日は嶋さんのお誕生日をお祝いできてとても嬉しかったです~」

嶋:「いえいえ。こちらこそ、ありがとうございます」

/*/