かくた@よんた藩国 さん:
こんにちは、おつかれさまでございます。
本日17:00からの生活ゲームを予約しておりまして、お声がけさせていただきました。
もう、よろしいでしょうか。

芝村 さん:
記事どうぞ

かくた@よんた藩国 さん:
お忙しいところ、ありがとうございます。
予約記事は、こちらです。http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=5885

芝村 さん:
イベントは?

かくた@よんた藩国 さん:
今日もメノウと父娘デートの予定ですが、場所の指定はありません。もしよろしければ、おすすめでお願いできませんでしょうか。

芝村 さん:
ああ
お勧めは春の園かな
宰相府

かくた@よんた藩国 さん:
はい、おまかせでお願いいたします。安全重視で(w

芝村 さん:
OK
2ふんまて

かくた@よんた藩国 さん:
ありがとうございます。

/*/

芝村 さん:
見事な桜並木。そして桜の花々だ
メノウは難しい顔をしてる
まあ、いつも難しい顔してるが

かくた@よんた藩国 さん:
#春の園、ですね?
笑顔で「どうかしましたか?」

芝村 さん:
ええ。ここは春の園だよ
メノウ:「派手なところですね」

かくた@よんた藩国 さん:
「ええ、確かに、年中寒い、よんた藩国に比べれば(w」

芝村 さん:
メノウはうなずいた
メノウ:「あれはあれで、いいと思います」

かくた@よんた藩国 さん:
「私も大好きです、よんた藩国」
「多分、メノウの次、ぐらいに(w」

芝村 さん:
メノウは顔を赤くした
下向いた
からかわれていると考えたのかもしれない

かくた@よんた藩国 さん:
「ごめんなさい、気を、悪くしてしまいました?」
「でも、本当のことですよ。決して、冗談ではなくて」

芝村 さん:
メノウ:「そこは勘違いしていません。お父さん」

かくた@よんた藩国 さん:
「うん」

芝村 さん:
メノウはだいぶ育った。
綺麗にもなってるね

かくた@よんた藩国 さん:
#ほう!(w>綺麗に
#今、何歳ぐらいでしょうか?

芝村 さん:
#15,16

かくた@よんた藩国 さん:
なるほど

芝村 さん:
メノウはあなたを見た。メイド服を着てる

かくた@よんた藩国 さん:
微笑みながら「よく似合っていますよ」
#ちなみに服を選んだのは、メノウ自身でしょうか?それとも、他の人で?

芝村 さん:
自身で選んでる
まあ、なんというか、同じ仕事に就きそうだね

かくた@よんた藩国 さん:
#願わくは高機動メイドには
#ゲフンゲフン

芝村 さん:
メノウ:「・・・ありがとう」
きこえるか、きこえないかの、声だった

かくた@よんた藩国 さん:
ちゃんと声が聞こえていますよ、という感じで、笑顔で「はい(ニコニコ」

芝村 さん:
メノウはうらみがめしく、あなたを見た
メノウ:「今日は、何を」

かくた@よんた藩国 さん:
「メノウも正式に、メイド勤めをするようになったら、なかなか一緒にいられなくなってしまうかもしれませんからね」

芝村 さん:
メノウ:「・・・そっちのほうが、結婚も出来るし、いいと思います」

かくた@よんた藩国 さん:
#確かに(w
「まあ、よんた藩王のご成婚を見届けゲフンゲフン」
「んん」

芝村 さん:
貴方の表情は彼女を傷つけたぽい

かくた@よんた藩国 さん:
#傷つけた、ですか?

芝村 さん:
#うん
メノウは箒であたりを掃除してる
凄い速度だ。高機動

かくた@よんた藩国 さん:
#!>高機動
「……メノウは、結婚してみたいですか?」

芝村 さん:
メノウ:「いいえ」
メノウはきっぱりいった

かくた@よんた藩国 さん:
#あ、そうか、なるほど
「そうですね、私もずっとメノウと一緒にいたいですし(w」

芝村 さん:
メノウ:「何を・・・・」
メノウ:「お父さんだって、幸せになっていいと思います」

かくた@よんた藩国 さん:
「私はもう幸せですよ、よんた藩王にお仕えできて、藩国のみんなと笑い合って、」
「そしてなにより、メノウ、あなたが一緒にいてくれます」
「だから私は今、幸せです(w」

芝村 さん:
メノウ:「人の幸せばかり優先して・・・」
メノウ:「・・・・・・」

かくた@よんた藩国 さん:
「そんなこと、ありませんよ」

芝村 さん:
メノウ:「私、メードになります。立派なメードに」

かくた@よんた藩国 さん:
「はい、立派で、」
「そして世界一幸せなメードになってください」
「あなたが幸せなことが、私の一番の幸せなんですから」

芝村 さん:
メノウ:「そうしたら・・・・・」

かくた@よんた藩国 さん:
「そうしたら?」

芝村 さん:
メノウは首を振った
あなたを見た。鋭い眼光で
メノウ:「がんばります」

かくた@よんた藩国 さん:
#す、鋭い眼光ですか
「はい(w」

芝村 さん:
#めちゃくちゃがんばったら、貴方が楽になると思ってるんだろう

かくた@よんた藩国 さん:
#なるほど(苦笑
「期待、していますよ」
頭を、なでなで、してあげます

芝村 さん:
メノウは下向いてだまってなでなでされている

かくた@よんた藩国 さん:
ふふふ(w
#あ、ところで、以前の、片目をつぶる癖は、でていませんか?

芝村 さん:
#でてるよ
片目隠している

芝村 さん:

#しかしこう、ふたりともメイドのカッコウさえしてなければ、感動的な話なのに



かくた@よんた藩国 さん:
#オレもメイドの格好だったんですかー!www

芝村 さん:
#ええ
メノウは照れ隠しに掃除した

かくた@よんた藩国 さん:
では私も、ニコニコしながら黙って、掃除を一緒にします
「しかし、華やかで綺麗ですが、少し掃除が大変ですね、この桜というものも」

芝村 さん:
メノウ:「はい」
メノウは顔を隠している

芝村 さん:
中々の手際の良さだ
貴方の普段の振る舞いを見て育ったせいだろう

かくた@よんた藩国 さん:
#さすがは高機動メード(見習い)w
#私ですか(w>見て育った

芝村 さん:
ええ
メノウは桜を見た
少し微笑んだ
綺麗なのは好きらしい

かくた@よんた藩国 さん:
西国人で、北国育ちですしね

芝村 さん:
ええ

かくた@よんた藩国 さん:
「また、ここに来ましょうね、一緒に」

芝村 さん:
メノウ:「次は、本格的に庭掃除のアイテムを持って」

かくた@よんた藩国 さん:
「ええ(w」
#メードの血がうずく、と(w

芝村 さん:
#まさに
メノウは片目を微笑ませた

かくた@よんた藩国 さん:
ではメノウを見て、私も微笑みます
#しかし親子鷹ならぬ、親子メードですか。しかも父娘(苦笑

芝村 さん:
うむ
メノウ:「なんで、この仕事をしようと思ったんですか?」

かくた@よんた藩国 さん:
「人の、」
「人の笑顔が見たかったから、ですね(w」

かくた@よんた藩国 さん:
「私のちからで、人が喜んでくれて、感謝してくれる」
「それが嬉しかったから」

芝村 さん:
メノウ:「そう、ですか」
メノウは目を下に向けた
あなたを見た。微笑んだ

芝村 さん:
メノウ:「貴方の養子になれてよかった」

かくた@よんた藩国 さん:
「ありがとう、メノウ。あなたが、」
「あなたがそう思ってくれたことが、私の幸せです」

かくた@よんた藩国 さん:
#ええ子や、ほんまええ子や!
#リアルで涙ぐみそうになりました

芝村 さん:
メノウは恥ずかしがって遠くに掃除に行った
凄い速度だ。高機動

かくた@よんた藩国 さん:
#だからオチは、ええと(w
#あかん、泣き笑い状態です、私(w

/*/

芝村 さん:
はい。お疲れ様でした

かくた@よんた藩国 さん:
はい、芝村さんこそ、おつかれさまでございました
以前に比べて、言葉が伝わるようになっていますね、良かった(w

芝村 さん:
いやまあ
成長したしな
少しは

かくた@よんた藩国 さん:
ええ、そうですね(w

芝村 さん:
うん
笑えました

かくた@よんた藩国 さん:
あ、そういえば、感情値はどうなっていますでしょうか?

芝村 さん:
+2+2
累計4、4

かくた@よんた藩国 さん:
ありがとうございます

芝村 さん:
秘宝館には1、1で依頼出来ます

かくた@よんた藩国 さん:
はい
#そして相方さんから、「You、開示しちゃいなよー」の声が(w

芝村 さん:
なにが?
ああ。メノウの?

かくた@よんた藩国 さん:
ええ>メノウを

芝村 さん:
まあ、たしかにいかもね
面白いと思います

かくた@よんた藩国 さん:
なるほど
高機動メードなメノウ、確かに私も見てみたいですし(w、
検討してみます

芝村 さん:
はい
では解散しましょう。お疲れ様でした

かくた@よんた藩国 さん:
はい、おつかれさまでございました、今日はありがとうございました

芝村 さん:
いえいえ。ではー